気象予報士の航空気象 十種雲形

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.09 (Mon)

十種雲形

 今日は低気圧の接近で朝6時くらいから関東地方は曇り始めましたね。
時系列のMETARを確認すると、羽田で6時半過ぎ、成田では8時過ぎに7000ftの雲量6程度の高積雲に覆われました。
おそらく夜中の間に巻雲が漂い始めていたと考えます。

 さて、今日は十種雲形の紹介です。今後、細かく説明していきたいと考えています。




上層
Ci 巻雲
Cc 巻積雲
Cs 巻層雲

中層
Ac 高積雲
As 高層雲

下層
Ns 乱層雲
Sc 層積雲
St 層雲

対流
Cu 積雲
Cb 積乱雲


 十種雲形(十種雲級)は世界気象機関(WMO)発行の国際雲図帳にしたがって決められています。
 また、種、変種、副変種と細分化されています。

種       見た目の形や雲片の組成によるわけ方
変種     雲片の配列の仕方や厚みによるわけ方
副変種    雲の一部に現れた特徴的な形とある雲に伴って発生する雲




FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
21:44  |  十種雲形  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。