気象予報士の航空気象 2009年04月

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.30 (Thu)

GW 全国的晴れ多い 気象庁が天気予報発表

GW 全国的晴れ多い 気象庁が天気予報発表
4月28日21時38分配信 毎日新聞

09年GW天気

 気象庁は28日、ゴールデンウイークにかかる週間(29日~5月5日)天気予報を発表した。高気圧に覆われて全国的に晴れる日が多いが、3、4日は気圧の谷が通過する影響で、沖縄・奄美を除く北日本から西日本で一時雨の降るところがある見込み。

 気温は、北日本から西日本にかけて期間の初めは平年より低く、その後は平年並みか高いとみられる。沖縄・奄美は平年より低く、かなり低い日もある見込み。

 北日本から西日本の内陸部で期間の初めは遅霜に注意が必要という。晴天が続き空気が乾燥するとして、火災への注意も呼びかけている。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
23:56  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.29 (Wed)

25日の午後9時の高層天気図解析

 25日の午後9時の高層天気図の一覧より

1 渦管の西傾
  地上の低気圧の中心から上層の低圧部の中心が西に傾いていることは、
  低気圧の発達の目安になります。

2 暖気移流
  850hpaにいうて顕著にみられます。低気圧前面において、等温線を横切
  る南より(暖気側から)の風が吹くことにより、暖気の移流があることが確
  認できます。

3 湿潤な気塊の流入
  暖気移流の関連付けされますが、低気圧前面において暖気移流とともに
  湿った気塊、T-Td<3 の網掛け部分があると、温暖前線の活発化、すな
  わち低気圧の発達を意味しています。


  ひとこと

 後に詳述したいのですが、前線は低気圧の子分ではなく、実はその逆、前線から生み出るのが低気圧なのであって、日本付近を通過する低気圧は、傾圧不安定、すなわち気塊の不均衡・前線が大きければ大きいほど、発達するということを忘れてはいけません。


4 寒気移流
  乾いた冷涼な気塊の特徴として700hpa(時には500hpaでも)と、
  その下層で見て取れます。等温線を横切る風がより冷涼な場所から
  吹き込めば、寒気移流となり、等温線の幅を狭くし、その南端では
  急激な風変を起こします。
  寒冷前線の特徴と合致します。



 以上の4点が見て取れます。

気象の勉強の基礎にあたる、よい資料として取りおき、題材にしてみました。


 そして、25日午後9時ごろの羽田空港の天候は以下のとおりの大荒れです。

 視程は2800mまで悪化、19時台では羽田空港の南方、高度6000から10000ft付近でモデレート・タービュランスが頻発していたようです。

 このモデレート・タービュランスは低気圧の中心付近の発達した対流性の雨雲による揺れであると推測します。

 天気図からも当時のレーダーからも予想できますし、この高度が典型的です。

 航空機は、機上レーダーに映っているエコーの中を、早めにベルとサインを点灯させてつっこんでいったことでしょう。


1945分
1045Z 35014KT 4500 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 14/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 7ST008 A2945
MOD TURB 5000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1032 AND BTN 6000 AND 10000FT 3NM E BAYGE BY B777 AT 1034 AND BTN 6000 AND 10000FT 5NM SE HANEDA BY MD90 AT 1041

2000分
1100Z 35014KT 4000 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 13/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 6ST008 A2944 MOD TURB 4000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1051

2030分
1130Z 34014KT 4500 -SHRA BR FEW003 BKN006 BKN008 13/12 Q0996 RMK 1ST003 5ST006 6ST008 A2943

2047分
1147Z 32012KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2942

2100分
1200Z 32012KT 2800 SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941

2117分
1217Z 33011KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941

2130分
1230Z 32011KT 3500 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0995 RMK 1ST003 3ST005 6ST006 A2940


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





00:16  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.28 (Tue)

25,26日のお天気 天気図データ

30025APR0912Z.jpg
25日午後9時 300hpa 高層天気図


50025APR0912Z.jpg
25日午後9時 500hpa 高層天気図


70025APR0912Z.jpg
25日午後9時 700hpa 高層天気図


85025APR0912Z.jpg
25日午後9時 850hpa 高層天気図


ASAS25APR0912Z.jpg
25日午後9時 地上天気図


ASAS25APR0912Z拡大
25日午後9時 地上天気図 拡大図



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





10:12  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

25,26日のお天気 DATAのみ

羽田空港のMETAR 時系列

低気圧が接近し、大雨が降り視程が悪化し、通過後の強風がおさまるまで。

RJTT 261000Z VRB03KT 9999 FEW030 17/03 Q0991
RJTT 260930Z 25013KT 9999 FEW025 18/03 Q0989 RMK 1CU025 A2923 MOD TURB BTN 8000 AND 11000FT KAMAT BY B737 AT 0919 AND B767 AT 0921
RJTT 260900Z 22016KT 9999 FEW025 18/04 Q0989 RMK 1CU025 A2921
RJTT 260830Z 22019KT 9999 FEW025 18/05 Q0988 RMK 1CU025 A2919
RJTT 260800Z 23023G34KT 9999 FEW025 19/05 Q0987 RMK 1CU025 A2917
RJTT 260745Z 23027G37KT 9999 FEW025 19/04 Q0987 RMK 2CU025 A2916
RJTT 260730Z 22029KT 9999 FEW020 19/04 Q0987 RMK 1CU020 A2916
RJTT 260700Z 22026G38KT 9999 FEW020 19/04 Q0987 RMK 1CU020 A2915
RJTT 260639Z 22027G37KT 9999 FEW025 20/05 Q0986 RMK 1CU025 A2914
RJTT 260630Z 22029KT 9999 FEW025 20/04 Q0986 RMK 1CU025 A2913
RJTT 260600Z 22026G39KT 9999 FEW025 20/04 Q0986 RMK 1CU025 A2914
RJTT 260537Z 21025G35KT 9999 FEW025 20/04 Q0987 RMK 1CU025 A2915
RJTT 260530Z 22027KT 9999 FEW025 20/05 Q0987 RMK 1CU025 A2915
RJTT 260504Z 22023G34KT 9999 FEW020 21/05 Q0987 RMK 1CU020 A2915
RJTT 260500Z 22022KT 9999 FEW020 21/05 Q0987 RMK 1CU020 A2915
RJTT 260430Z 21024KT 9999 FEW020 21/05 Q0987 RMK 1CU020 A2916
RJTT 260402Z 21025G35KT 9999 FEW020 21/05 Q0987 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260400Z 21027KT 9999 FEW020 20/05 Q0987 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260330Z 21026G38KT 9999 FEW020 21/05 Q0987 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260303Z 22023G33KT 9999 FEW020 20/06 Q0988 RMK 1CU020 A2918
RJTT 260300Z 22025KT 9999 FEW020 20/05 Q0988 RMK 1CU020 A2917 MOD TURB BTN 23000 AND 18000FT 10NM N AMI BY A300 AT 0232
RJTT 260230Z 22026KT 9999 FEW020 20/05 Q0988 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260202Z 21021G31KT 9999 FEW020 21/06 Q0988 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260200Z 21021KT 9999 FEW020 21/07 Q0988 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260130Z 22024G34KT 9999 FEW020 20/06 Q0987 RMK 1CU020 A2917
RJTT 260100Z 21027G37KT 9999 FEW020 20/04 Q0988 RMK 1CU020 A2918
RJTT 260030Z 21026G36KT 9999 FEW020 20/05 Q0988 RMK 1CU020 A2918
RJTT 260000Z 21019G29KT 9999 FEW015 20/07 Q0989 RMK 1CU015 A2920
RJTT 252334Z 21023G34KT 9999 FEW015 20/07 Q0989 RMK 1CU015 A2921
RJTT 252330Z 21022KT 9999 FEW015 19/08 Q0989 RMK 1CU015 A2922
RJTT 252300Z 21016KT 9999 FEW015 19/11 Q0989 RMK 1CU015 A2922
RJTT 252230Z 19013KT 9999 FEW015 17/12 Q0989 RMK 1CU015 A2923
RJTT 252200Z 15008KT 9999 FEW005 15/13 Q0990 RMK 1ST005 A2926
RJTT 252130Z 14007KT 9999 FEW005 14/12 Q0991 RMK 1ST005 A2926
RJTT 252100Z 14005KT 9999 FEW008 SCT015 BKN020 14/12 Q0991 RMK 1ST008 3CU015 6SC020 A2928
RJTT 252030Z 16003KT 130V210 9999 FEW008 SCT015 BKN020 13/12 Q0992 RMK 1ST008 3CU015 7SC020 A2930
RJTT 252000Z 24004KT 210V270 9999 FEW008 SCT012 BKN020 13/12 Q0992 RMK 1ST008 3CU012 7SC020 A2931
RJTT 251930Z 23006KT 9999 FEW008 BKN015 BKN025 13/12 Q0993 RMK 1ST008 5SC015 7SC025 A2933
RJTT 251900Z 24005KT 8000 -RA FEW008 BKN015 BKN025 13/12 Q0993 RMK 1ST008 6SC015 7SC025 A2933
RJTT 251830Z 28004KT 9999 -DZ FEW008 BKN015 13/11 Q0993 RMK 1ST008 7SC015 A2933
RJTT 251800Z 28006KT 9999 -DZ FEW006 BKN013 13/11 Q0993 RMK 1ST006 7SC013 A2933
RJTT 251730Z 30009KT 9999 -DZ FEW005 BKN013 13/11 Q0993 RMK 1ST005 7SC013 A2933
RJTT 251700Z 30008KT 9999 -DZ FEW005 SCT009 BKN012 13/11 Q0993 RMK 1ST005 3ST009 5CU012 A2934
RJTT 251630Z 31009KT 9999 -SHRA FEW005 SCT009 BKN012 13/11 Q0993 RMK 2ST005 4ST009 6CU012 A2934
RJTT 251600Z 31011KT 9999 FEW005 SCT009 BKN012 12/11 Q0994 RMK 2ST005 4ST009 6CU012 A2935
RJTT 251530Z 31012KT 9999 -SHRA FEW005 SCT008 BKN010 12/11 Q0994 RMK 2ST005 3ST008 6CU010 A2936
RJTT 251500Z 32011KT 8000 -SHRA FEW004 SCT007 BKN009 12/11 Q0994 RMK 1ST004 3ST007 5ST009 A2937
RJTT 251430Z 32014KT 7000 -SHRA FEW004 SCT007 BKN009 12/10 Q0994 RMK 1ST004 3ST007 6ST009 A2938
RJTT 251400Z 32016KT 7000 -SHRA FEW004 SCT006 BKN008 12/10 Q0995 RMK 1ST004 3ST006 6ST008 A2938
RJTT 251330Z 32014KT 6000 -SHRA BR FEW004 SCT006 BKN008 12/11 Q0995 RMK 1ST004 3ST006 6ST008 A2939 BR SE-S
RJTT 251300Z 31015KT 5000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN007 12/11 Q0995 RMK 1ST003 3ST005 6ST007 A2940
RJTT 251230Z 32011KT 3500 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0995 RMK 1ST003 3ST005 6ST006 A2940
RJTT 251217Z 33011KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941
RJTT 251200Z 32012KT 2800 SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941
RJTT 251147Z 32012KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2942
RJTT 251130Z 34014KT 4500 -SHRA BR FEW003 BKN006 BKN008 13/12 Q0996 RMK 1ST003 5ST006 6ST008 A2943
RJTT 251100Z 35014KT 4000 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 13/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 6ST008 A2944 MOD TURB 4000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1051
RJTT 251045Z 35014KT 4500 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 14/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 7ST008 A2945 MOD TURB 5000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1032 AND BTN 6000 AND 10000FT 3NM E BAYGE BY B777 AT 1034 AND BTN 6000 AND 10000FT 5NM SE HANEDA BY MD90 AT 1041
RJTT 251030Z 03016KT 4500 SHRA BR FEW002 SCT006 BKN008 14/13 Q0997 RMK 1ST002 3ST006 5ST008 A2946 MOD TURB BTN 7000 AND 11000FT OVER KAMAT BY B737 AT 1009 AND 3000FT 2NM E KOITO BY B777 AT 1028
RJTT 251010Z 06020KT 3000 SHRA BR FEW003 SCT006 BKN020 15/14 Q0998 RMK 1ST003 4ST006 7CU020 A2947 MOD TURB 7000FT PLUTO BY B763 AT 1003 AND BTN 8000 AND 11000FT AROUND BAYGE BY B763 AT 1003 P/FR
RJTT 251000Z 06017KT 5000 -SHRA BR FEW003 SCT006 BKN020 15/14 Q0998 RMK 1ST003 4ST006 7CU020 A2948 MOD TURB BTN 8000 AND 13000FT KAMAT BY B74D AT 0952 P/FR
RJTT 250949Z 07016KT 4500 -SHRA BR FEW003 BKN006 BKN012 15/14 Q0999 RMK 1ST003 5ST006 6CU012 A2950 MOD TURB BTN 13000 AND 10000FT OVER MORIYA BY B763 AT 0944 P/FR
RJTT 250930Z 02011KT 3500 SHRA BR FEW003 BKN005 BKN010 13/12 Q0999 RMK 2ST003 5ST005 6CU010 A2951 MOD TURB 13000FT 6NM S MORIYA BY A306 AT 0924 P/FR
RJTT 250918Z 04011KT 3500 SHRA BR FEW003 BKN005 BKN010 13/12 Q1000 RMK 1ST003 5ST005 6CU010 A2954
RJTT 250900Z 36014KT 4000 SHRA BR FEW003 BKN006 BKN010 13/12 Q1000 RMK 1ST003 5ST006 6CU010 A2955 MOD TURB 11000FT OVER ONJUKU BY B777 AT 0854
RJTT 250837Z 35014KT 3000 SHRA BR FEW004 BKN007 BKN010 13/11 Q1001 RMK 1ST004 5ST007 6ST010 A2956
RJTT 250830Z 36015KT 4800 RA BR FEW004 BKN008 BKN010 13/11 Q1001 RMK 1ST004 5ST008 6ST010 A2958 MOD TURB BTN 11000 AND 10000FT 15NM SW ONJUKU BY B737 AT 0821
RJTT 250800Z 36016KT 4800 RA BR FEW004 SCT007 BKN010 12/11 Q1001 RMK 1ST004 4ST007 6ST010 A2957 P/FR
RJTT 250744Z 36015KT 4500 RA BR FEW004 BKN007 BKN010 12/11 Q1001 RMK 1ST004 5ST007 6ST010 A2958 WS 20KT GAIN AND LOSS ON SHORT FNA RWY34L BY B772 AT 0735
RJTT 250730Z 36013KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN010 12/11 Q1002 RMK 1ST005 4ST007 6ST010 A2961 MOD TURB BTN 16000 AND 14000FT AROUND TATEYAMA BY B767 AT 0727 P/FR
RJTT 250700Z 02011KT 4000 RA BR FEW005 SCT007 BKN010 12/11 Q1003 RMK 1ST005 4ST007 6ST010 A2964
RJTT 250645Z 04012KT 4500 RA BR FEW005 SCT007 BKN010 12/11 Q1004 RMK 1ST005 4ST007 6ST010 A2966
RJTT 250630Z 04011KT 5000 RA BR FEW004 SCT007 BKN010 12/11 Q1004 RMK 1ST004 4ST007 6ST010 A2966
RJTT 250600Z 04013KT 5000 RA BR FEW004 SCT007 BKN010 12/11 Q1005 RMK 1ST004 4ST007 6ST010 A2969
RJTT 250541Z 05016KT 5000 RA BR FEW005 SCT006 BKN010 12/11 Q1006 RMK 2ST005 4ST006 6ST010 A2971 P/FR
RJTT 250530Z 05017KT 7000 -RA FEW005 SCT006 BKN010 12/11 Q1006 RMK 2ST005 4ST006 6ST010 A2971 P/FR
RJTT 250517Z 05015KT 7000 -RA FEW005 SCT006 BKN010 12/11 Q1006 RMK 1ST005 4ST006 6ST010 A2972 P/FR
RJTT 250500Z 05011KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN010 12/10 Q1007 RMK 1ST005 4ST007 6ST010 A2976
RJTT 250430Z 04012KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN010 12/10 Q1008 RMK 1ST005 4ST007 6ST010 A2978 P/FR
RJTT 250400Z 03013KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN009 12/10 Q1009 RMK 1ST005 4ST007 6ST009 A2981 MOD TURB 11000FT 20NM S ONJUKU BY A320 AT 0354
RJTT 250330Z 02012KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN009 12/10 Q1010 RMK 1ST005 3ST007 6ST009 A2984 P/FR
RJTT 250320Z 02011KT 5000 RA BR FEW005 SCT007 BKN009 12/10 Q1011 RMK 1ST005 3ST007 6ST009 A2986 MOD TURB BTN 11000FT AND FL150 10NM S TATEYAMA BY B777 AT 0310
RJTT 250300Z 04009KT 3000 RA BR FEW005 SCT007 BKN009 12/10 Q1012 RMK 1ST005 3ST007 6ST009 A2989
RJTT 250230Z 02009KT 7000 -RA FEW005 SCT007 BKN009 12/10 Q1012 RMK 1ST005 3ST007 6ST009 A2990
RJTT 250216Z 01010KT 6000 -RA FEW005 SCT007 BKN009 11/09 Q1012 RMK 1ST005 3ST007 6ST009 A2990 P/FR
RJTT 250200Z 02011KT 4500 RA BR FEW005 SCT008 BKN010 11/10 Q1012 RMK 1ST005 3ST008 7ST010 A2991 P/FR
RJTT 250140Z 02011KT 4500 RA BR FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1013 RMK 1ST006 3ST008 7ST010 A2994
RJTT 250130Z 02010KT 5000 RA BR FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1014 RMK 1ST006 3ST008 6ST010 A2995 MOD TURB BTN 13000 AND 11000FT 10NM SE TATEYAMA BY B747 AT 0115
RJTT 250109Z 02010KT 5000 RA BR FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1014 RMK 1ST006 3ST008 6ST010 A2996
RJTT 250100Z 02012KT 6000 -RA FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1014 RMK 1ST006 3ST008 6ST010 A2995
RJTT 250043Z 01008KT 6000 -RA FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1014 RMK 1ST006 3ST008 6ST010 A2996
RJTT 250030Z 36010KT 5000 RA BR FEW006 SCT008 BKN010 11/09 Q1014 RMK 1ST006 3ST008 6ST010 A2996
RJTT 250000Z 01010KT 6000 RA BR FEW007 BKN010 BKN012 11/09 Q1015 RMK 2ST007 6ST010 7SC012 A2999 BR SE
RJTT 242346Z 35009KT 5000 R34L/P1800N R22/P1800N R34R/1700D RA BR FEW008 BKN010 BKN012 11/09 Q1015 RMK 1ST008 5ST010 7SC012 A2998
RJTT 242334Z 35011KT 6000 RA BR FEW008 SCT010 BKN012 11/09 Q1015 RMK 1ST008 4ST010 7SC012 A2999 BR SE
RJTT 242330Z 35011KT 6000 -RA FEW008 SCT010 BKN012 11/09 Q1015 RMK 1ST008 4ST010 7SC012 A2999
RJTT 242300Z 01008KT 350V050 8000 -RA FEW008 BKN010 BKN015 11/09 Q1015 RMK 1ST008 5ST010 7SC015 A3000
RJTT 242230Z 36008KT 5000 RA BR SCT010 BKN015 11/08 Q1016 RMK 4ST010 7SC015 A3001
RJTT 242222Z 01009KT 5000 RA BR SCT010 BKN015 11/08 Q1016 RMK 4ST010 7SC015 A3001


おまけに青森 珍しい降雪

RJSA 261200Z 21005KT 3500 -SHSN BR FEW001 SCT003 BKN009 00/M01 Q0991
RJSA 261139Z 22006KT 2500 -SHSN BR FEW001 SCT002 BKN010 00/M01 Q0991 RMK 1ST001 4ST002 7ST010 A2928
RJSA 261121Z 24006KT 2500 -SHSN BR FEW002 BKN008 BKN010 M00/M01 Q0991 RMK 1ST002 5ST008 7ST010 A2928
RJSA 261109Z 22007KT 5000 -SHSN BR FEW003 BKN008 BKN010 M00/M01 Q0991 RMK 1ST003 5ST008 7ST010 A2927
RJSA 261100Z 22007KT 4000 -SHSN BR FEW003 BKN007 BKN009 M00/M01 Q0991
RJSA 261044Z 23009KT 2500 -SHSN BR FEW002 BKN005 BKN007 M00/M01 Q0991 RMK 1ST002 5ST005 7ST007 A2927
RJSA 261023Z 22006KT 2000 -SHSN BR FEW002 BKN004 BKN007 00/M01 Q0991 RMK 2ST002 5ST004 7ST007 A2927
RJSA 261012Z 21004KT 1500 R24/P1800N -SHSN BR FEW002 BKN004 BKN007 00/M01 Q0991 RMK 2ST002 5ST004 7ST007 A2926
RJSA 261000Z 22004KT 1200 R24/P1800N -SHSN BR FEW001 SCT003 BKN004 00/M01 Q0990
RJSA 260934Z 17004KT 1200 R24/P1800N -SHSN BR FEW001 SCT003 BKN004 M00/M01 Q0990 RMK 2ST001 4ST003 7ST004 A2925
RJSA 260914Z 00000KT 0900 R24/P1800D SHSN BR FEW001 SCT003 BKN004 M00/M01 Q0990 RMK 2ST001 4ST003 7ST004 A2926
RJSA 260900Z VRB01KT 0900 R24/P1800N SHSN BR FEW001 SCT002 BKN003 M00/M01 Q0990
RJSA 260846Z 01003KT 330V030 0900 R24/1500VP1800U SHSN BR FEW001 SCT002 BKN003 M00/M01 Q0990 RMK 2ST001 4ST002 7ST003 A2925
RJSA 260825Z VRB02KT 0900 R24/0900VP1800U SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990 RMK 4ST001 7ST002 A2924
RJSA 260820Z VRB02KT 0900 R24/0800V1400N SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990 RMK 4ST001 7ST002 A2924
RJSA 260807Z 36004KT 0900 R24/0800N SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990 RMK 4ST001 7ST002 A2924
RJSA 260800Z 36005KT 0900 R24/0550V0800U SHSN BR SCT001 BKN002 00/M01 Q0990
RJSA 260741Z 01007KT 0900 R24/0600VP1800D SHSN BR FEW001 BKN003 BKN006 00/M01 Q0989 RMK 2ST001 5ST003 7ST006 A2923
RJSA 260716Z 07011KT 1400 R24/1000VP1800U -SHSN BR FEW001 BKN003 BKN006 00/M01 Q0989 RMK 2ST001 5ST003 7ST006 A2921
RJSA 260714Z 07011KT 1400 R24/1000VP1800U -SHSN BR FEW001 BKN003 BKN006 00/M01 Q0989 RMK 2ST001 5ST003 7ST006 A2921
RJSA 260710Z 07010KT 1200 R24/0800VP1800U -SHSN BR FEW001 BKN003 BKN006 00/M01 Q0989 RMK 2ST001 5ST003 7ST006 A2921
RJSA 260706Z 07010KT 1200 R24/0450V1700U -SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0989 RMK 4ST001 7ST002 A2921
RJSA 260700Z 06010KT 0800 R24/0450V1200U SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0989
RJSA 260619Z 04010KT 0400 R24/0500V0600N SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0989 RMK 4ST001 7ST002 A2922
RJSA 260600Z 03012KT 0400 R24/0650N SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0989
RJSA 260541Z 03014KT 0500 R24/0350V0650U SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0989 RMK 4ST001 7ST002 A2923
RJSA 260536Z 04013KT 0300 R24/0300V0650U SHSN BR VV001 M00/M01 Q0989 RMK A2923
RJSA 260524Z 04013KT 0300 R24/0300V0600D SHSN BR VV001 M00/M01 Q0990 RMK A2924
RJSA 260518Z 04014KT 0500 R24/0300V0600D SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990 RMK 4ST001 7ST002 A2924
RJSA 260508Z 04013KT 0500 R24/0550U SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990 RMK 4ST001 7ST002 A2924
RJSA 260500Z 04013KT 0500 R24/0450V0550N SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0990
RJSA 260405Z 05015KT 0500 R06/1100V1800D SHSN BR SCT001 BKN002 M00/M01 Q0991 RMK 4ST001 7ST002 A2928
RJSA 260400Z 05015KT 0500 R06/1100VP1800D SHSN BR SCT001 BKN002 00/M01 Q0991 RERASN
RJSA 260342Z 04015KT 0700 R06/P1800N SHSN BR FEW001 BKN002 BKN003 00/M01 Q0991 RERASN RMK 2ST001 5ST002 6ST003 A2929
RJSA 260331Z 04014KT 1000 R06/P1800N -SHSNRA BR FEW001 SCT002 BKN003 01/M00 Q0992 RMK 1ST001 3ST002 5ST003 A2931
RJSA 260324Z 04014KT 2000 -SHSNRA BR FEW001 SCT003 BKN005 01/00 Q0992 RMK 1ST001 4ST003 5ST005 A2931
RJSA 260300Z 03012KT 3000 SHRASN BR FEW002 SCT005 BKN007 02/00 Q0993
RJSA 260238Z 03009KT 360V070 4000 SHRA BR FEW003 SCT007 BKN010 03/01 Q0993 RMK 1ST003 4ST007 5ST010 A2933
RJSA 260226Z 02010KT 3000 -SHRA BR FEW002 SCT007 BKN010 03/02 Q0993 RMK 1ST002 3ST007 5ST010 A2933
RJSA 260200Z 01005KT 330V050 4000 SHRA BR FEW005 SCT010 BKN015 04/02 Q0993
RJSA 260125Z 02010KT 350V060 4500 SHRA BR FEW006 SCT010 BKN015 04/03 Q0993 RMK 1ST006 3ST010 6ST015 A2934
RJSA 260100Z 01011KT 340V060 7000 PRFG -RA FEW004 BKN010 BKN015 05/03 Q0993
RJSA 260033Z 01010KT 310V050 4500 -RA BR FEW005 BKN008 BKN015 05/03 Q0992 RMK 1ST005 5ST008 7ST015 A2931
RJSA 260000Z 03015G27KT 340V070 7000 -RA FEW010 SCT015 BKN025 06/03 Q0992
RJSA 252300Z 06023G33KT 030V090 9999 -RA FEW010 SCT020 BKN030 06/03 Q0993
RJSA 252250Z 05030G43KT 020V090 9999 -RA FEW010 SCT020 BKN030 06/02 Q0993 RMK 1ST010 3SC020 6SC030 A2933
RJSA 252200Z 05016G37KT 020V100 9999 -RA FEW010 SCT020 BKN030 06/02 Q0994
RJSA 252110Z 05018G30KT 010V080 9999 -RA FEW010 SCT020 BKN030 06/02 Q0995 RMK 1ST010 4SC020 6SC030 A2938
RJSA 251200Z 07013KT 040V110 9999 -RA FEW010 SCT040 BKN060 07/02 Q1005
RJSA 251100Z 07022G35KT 9999 -RA FEW010 SCT025 BKN060 07/02 Q1006
RJSA 251000Z 07016G26KT 030V100 9999 -RA FEW010 BKN050 BKN060 07/02 Q1007
RJSA 250900Z VRB02KT 9999 -RA FEW010 SCT030 BKN060 08/03 Q1008
RJSA 250800Z 28003KT 230V310 9999 -RA FEW010 BKN050 08/05 Q1008
RJSA 250700Z 06004KT 020V110 9999 -RA FEW010 BKN050 BKN070 09/04 Q1009
RJSA 250600Z 04010KT 9999 FEW015 BKN050 BKN070 09/04 Q1009
RJSA 250500Z 05009KT 9999 FEW015 SCT060 BKN070 10/04 Q1010
RJSA 250400Z 05006KT 9999 FEW015 SCT060 BKN070 11/03 Q1011



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





11:12  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

大荒れ

 全国的に大荒れの天気でしたね。

 西日本はまだ強く発達する前であったようで、大雨・強風には至らなかったようですが、26日の関東は強風で洗濯物すら干せず、鯉のぼりが飛ばされた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 北海道では、雪が比較的降りにくい、帯広がある十勝地方の中札内で雪が降りました。

強風が地表を漂うチリを全部、持って行ってくれたため、今夜はよく星が見られるのではないでしょうか。

 風も収まりつつあり、大きな放射冷却は起こりませんが、ある程度気温が下がって、10度あたりまで気温が下がり、早朝はブルっとくるかもしれませんね。


荒天 北海道に強風と雪 青森でも22年ぶり積雪
4月26日22時7分配信 毎日新聞

 発達した低気圧の影響で日本列島は26日、広い範囲で強風が吹き荒れ、青森県や北海道では季節外れの雪となった。気象庁によると、最大瞬間風速は▽北海道えりも町45.7メートル▽千葉県館山市26.3メートル▽横浜市24.0メートル--などで、4月の観測史上最大を記録した地点が相次いだ。青森市は積雪2センチで、87年と並んで観測史上最も遅い積雪。北海道でも午後10時現在、中札内村上札内で53センチの積雪になった。

 「弘前さくらまつり」を開催中の弘前公園(青森県弘前市)では、寒さに震えながらの「雪見桜」となった。北九州市の主婦、水野弘子さん(66)は「雪には驚いたが、きれいな桜と雪に感激した。いい思い出になる」と見とれていた。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:55  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.25 (Sat)

二つ玉低気圧接近

 二つ玉低気圧接近


ASAS25APR0900Z.jpg
25日午前9時 地上解析図


 春一番や春の嵐に限らず、日本の春秋によくある大荒れの天気図の型です。
羽田や成田空港の25日の様子を情報を集め次第、明日報告します。


ASAS25APR0900Z拡大
25日午前9時 地上解析図 拡大図


 また、低気圧の後面には寒気の流入があるため、日本上空のジェットの流れが強く蛇行するため、めちゃ揺れます。おそらく、明日は地上の天気は晴れですが、上空は大荒れでしょう。


 その辺も解説したいと考えています。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:42  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.24 (Fri)

数値予報を解く

 数値予報の方程式とは、どんなものなのでしょう?

高校の物理では、放物線などさまざまな2次元方程式で解を求めていました。

 物体の支配方程式は空気の抵抗、風などを無視できれば、単純な2次元方程式となり、初期値である方程式に当てはめる数字で簡単に求めることができました。

 では数値予報はどうなのでしょう。

前回、初期値問題を話題にしましたが、大きな問題ですが、今回は深くは触れません。

 数値予報で使用する大気の支配方程式は、予報する変数または微積分同士の積を含む非線形項を含むことから、解析には適してはいません。正確には出せないということです。

 なんとなくこんな感じという予測しかできないのが欠点のひとつでもあります。


次回は数値予報モデルの構築に必要なテクニックを紹介します。

 「パラメタリゼーション」などなど、試験にも顔を出す言葉を紹介したいと考えています。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





05:34  |  数値予報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.23 (Thu)

ゴールデンウィークは行楽日和

<GW天気予報>全国的に行楽日和に 北海道ではお花見も ウェザーニューズ
4月22日17時58分配信 毎日新聞


 天気情報の「ウェザーニューズ」は22日、ゴールデンウイーク中の国内の天気傾向を発表した。南西諸島以外は、全国的に天気に恵まれ、行楽日和の日が多くなりそうと予測。桜前線も津軽海峡を渡り、大型連休の後半には北海道の南西部でもお花見が楽しむことができるという。

桜開花


 予測によると、東日本は連休の前半、冬型の気圧配置となり、北海道、東北、北陸地方はぐずついた天気になる見込み。特に北海道の山ぞいでは雪の降るところもある。関東地方は晴れても風が強いという。後半は短い周期で天気が変わりそうだが、晴れる日はゴールデンウイークらしい初夏の陽気となると予測される。北海道神宮など札幌周辺でも桜が開花、関東甲信地方では強い日差しが照りつける日もありそうだ。


 西日本は全般的に高気圧に覆われ、晴れる日が多い見込み。後半、天気が変わりやすく山沿いでにわか雨が予測される。登山など山のレジャーは注意が必要。南西諸島は後半、前線の影響で雲が広がりやすく、梅雨のような日もありそう。同社では22日から携帯向けに「GWの天気」の配信を開始、27日には、改めてGWの最新天気傾向を発表する予定。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





19:20  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.22 (Wed)

諏訪瀬島

 先日も大量の灰が降ったようですね。


09APR09桜島


桜島 9日午後に爆発 噴煙高さ4キロ、噴石4合目に飛散
4月9日20時38分配信 毎日新聞


 9日午後3時半ごろ、鹿児島市の桜島・昭和火口(標高約800メートル)で爆発的噴火(爆発)があり、噴煙が火口上空4000メートル以上に達した。鹿児島地方気象台によると、爆発に伴って火砕流が火口から東側へ約1キロ流れ、大きな噴石が4合目(火口から800~1300メートル)付近まで弾道状に飛散した。被害報告はないという。噴煙の高さは、06年6月に同火口が活動を再開して以降最高で、風下の鹿児島市に大量の降灰をもたらした。


 桜島は22日現在、レベル3です。火口周辺警報で、対象範囲は火口から居住区地域近くまでで、入山規制にあたります。

 登山禁止・入山規制等、危険な地域への立入規制等(状況に応じて規制範囲を判断)

火山活動の状況
 居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)
噴火が発生、あるいは発生すると予想される。

住民に対しては
 通常の生活(今後の火山活動の推移に注意。入山規制)。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等



 なんでしょ、このFBJP???
噴火しているは桜島?いえ、場所が違います。

22APR09.jpg

 この火山は、諏訪瀬島です。那覇へ旅行に行った際、、噴煙を上げているのを一度見たことがあります。とはいえ、日本は火山だらけですね。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:58  |  火山灰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.21 (Tue)

暑い春

「暑い春」初の真夏日 玖珠で30.3度
4月20日7時7分配信 西日本新聞


 九州地方は19日、高気圧に覆われ、各地で今年の最高気温を観測した。大分県玖珠町は30.3度、豊後大野市は30.2度と、九州で今年初めての真夏日。熊本県高森町では26.9度、南阿蘇村で23.3度と4月の観測史上最高を記録した。

 福岡管区気象台によると、各地の気温は、熊本県人吉市29.8度▽大分県日田市29.7度▽宮崎県西米良村29.4度▽鹿児島県伊佐市28.6度▽福岡県朝倉市28.3度▽佐賀県白石町27.5度▽長崎市25.7度‐など。7月下旬並みの気温になる場所もあったという。20日は低気圧の通過によって天気が崩れるため、気温は下がる見込み。

 福岡市早良区のシーサイドももち海浜公園では、水遊びを楽しむ親子の姿が目立ち、強い日差しの中、子どもたちが水を掛け合ったりしていた。


 20日の西日本はあっつあっつです。30度かよ。。。



かと思えば、羽田空港の今夜21時ごろは大荒れ。

211200Z 14012KT 4800 -SHRA BR FEW005 BKN009 BKN015 17/16 Q1003 RMK 1ST005 5ST009 6CU015 A2962 MOD TURB BTN FL260 AND FL210 15NM N AMI BY B772 AT 1156

211216Z 14011KT 3000 SHRA BR FEW004 BKN008 BKN015 18/16 Q1002 RMK 1ST004 5ST008 6CU015 A2961 MOD TURB BTN FL250 AND FL210 15NM N AMI BY B737 AT 1206

211230Z 15006KT 2800 SHRA BR FEW003 BKN007 BKN012 18/17 Q1003 RMK 2ST003 6ST007 7CU012 A2962

211233Z 15006KT 2000 +SHRA BR FEW003 BKN007 BKN012 18/17 Q1003 RMK 2ST003 6ST007 7CU012 A2962

211243Z 14007KT 2000 R34L/1800D R22/P1800N R16L/1700D +SHRA BR FEW002 SCT005 BKN007 18/17 Q1002 RMK 1ST002 3ST005 6ST007 A2961

211246Z 14008KT 2000 R34L/1800U R22/P1800N R16L/1800D +SHRA BR FEW002 SCT005 BKN007 17/16 Q1002 RMK 1ST002 3ST005 6ST007 A2960

211248Z 13008KT 2500 R34L/1800U R22/P1800N R16L/1700U +SHRA BR FEW002 SCT005 BKN007 17/16 Q1002 RMK 1ST002 3ST005 6ST007 A2960

 地方からの最終便が到着する時間帯です。揺れたでしょうね。お疲れ様です。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:41  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.20 (Mon)

穀雨

穀雨(こくう)

二十四節気のひとつで例年4月20日ごろになり、この日から立夏までの期間にあたります。


太陽黄径


太陽黄経が30度。



 暦便覧には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記され、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころを意味し、三月中です。


 「穀雨」穀物の成長を助ける雨のことです。また、穀雨の終わりごろに八十八夜があります。



穀雨の期間の七十二候は以下の通り。

初候
葭始生  (よし はじめて しょうず)
       葦が芽を吹き始める(日本)
萍始生  (うきくさ はじめて しょうず)
       浮き草が芽を出し始める(中国)

次候
霜止出苗 (しも やんで なえ いず)
       霜が終わり稲の苗が生長する(日本)
鳴鳩払其羽(めいきゅう その はねを はらう)
       鳴鳩が羽を払う(中国)

末候
牡丹華   (ぼたん はな さく)
       牡丹の花が咲く(日本)
戴勝降于桑(たいしょう くわに くだる)
       郭公が桑の木に止って蚕を生む(中国)



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






13:01  |  二十四節気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.19 (Sun)

光り輝く春の風景

 最近、近所の田に水が引かれていました。

我田引水


 そうです、田植えの季節です。



 先日の出張で、空から眺める地上の風景に微妙な変化があったことに気づきました。

 まぶしく、また光り輝いているのです。都心部を少し離れた場所の田には水が引かれ、水田となり、すべてが光り輝き、春の訪れを教えてくれました。

水田



 この田も秋には黄金色の稲穂を抱き、実りの喜びを教えてくれるのでしょう。春は生命の芽吹き、人の新たな出発の時を示しているように感じました。

稲穂



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





22:45  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.18 (Sat)

春です

 庭先にはチューリップの花が咲き、ブルーベリーの花も咲きました。

春です。

チューリップ


ブルーベリー


 最近の国内お天気ニュースです。

春乱高下 ポカポカ桜開花 ブルブル花冷え ジリジリ夏日

18APR09NEWS.jpg

■おでんにアイス…コンビニ「売れ筋読めぬ」 

 3月中旬から今月中旬までの1カ月、大阪市内では最高気温が20度を超えたかと思えば、10度台に下がり、再び25度を超える夏日になるなど気温が乱高下する「春の異変」に見舞われた。コンビニでは、暑さを見越して冷やしめんを店頭に並べた途端に寒の戻りで売れ残り、急な気温上昇でアイスクリームが品薄になるなど対応に大わらわ。一方、桜は例年よりも長く楽しめた。大阪管区気象台によると「今回のような寒暖の差は珍しくない」というが、週末にかけて、大阪市内では再び夏日になるという。

 今年、春の訪れは早かった。同気象台によると、大阪市内では3月19日に5月上旬並みの22・9度を観測し、同24日には桜の開花宣言が平年より6日早く出された。しかし、その直後から4月初めまで寒気の流れ込みによって、最高気温が3月上旬並みの12度前後までしか上がらなかったこともあった。同気象台には「冬物はまだしまわない方がいいのでしょうか」と問い合わせもあったほどだ。

 思わぬ冷え込みに、通常は開花から1週間で満開となる桜も、4月6日前後にずれ込み、京都市内では開花から17日間かかり過去最長、大阪市内も13日間で最長タイ記録となった。

 満開の便りから1週間もたたないうちに、今月11日には大阪府枚方市で28・8度、三重県亀山市は7月下旬並みの29・9度と、真夏を思わせる暑さになった。

 コンビニ大手のファミリーマート(本社・東京)によると、関西地区約1300店舗では、花冷えが続いた4月5日までの1週間は、冬の定番商品である中華まんの販売額が前年同期比15%増加。しかし、気温が急上昇した6日以降の1週間は、アイスクリームが同40%も急増する半面、おでんは約10%ダウンした。

 大阪市内では、寒暖の差をもろにかぶったコンビニ店も。4月初め、暖かくなると見越してそばなどの冷やしめんを店頭に集中的に並べたところ、思わぬ冷え込みで大量に売れ残り、急に暑くなった1週間後にはアイスクリームが品薄になり、急きょ追加発注したという。同店経営者は「冷やしめんは発注し過ぎた半面、アイスは足らなくなった。温度が1、2度違うだけで売れ行きがグンと変わる」と困惑した表情を浮かべた。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:08  |  ワタクシゴト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.17 (Fri)

天達の天気

 朝の情報番組、得ダネだっけ、あれの天気情報コーナーの天達気象予報士のコーナーが立山連峰の室堂平からの中継でしたね。

 15メートルの雪壁は例年通りということでしたが、なんだか層があるとかで引っ張る引っ張る。


積雪の層


 結局、黄砂によるものと氷によるものの二つの影響だったのですが・・・引っ張りすぎ。


 雪国に住んたことのある人にとって、初春での降水や太陽熱によって積雪の表面が溶けて、その後、凍り付いて層ができることは有名ですし、登山を経験した人にとって、日本アルプスの雪氷に黄砂が混じることは当たり前のことですし、あそこまでおおげさに報道することかなぁと疑問に思いました。


 今季の冬から春にかけては、寒暖の差が激しく、思い出していただくと、関東で桜が開花するまでは暖かく、満開になるまでの間では寒の戻りがあったため、また開花の前には黄砂が降ったことは記憶に新しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 寒暖の差が激しい初春では、あれぐらいのことはよくあることだと思うのですが・・・

まぁ、いいか。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





10:20  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.16 (Thu)

初期値

初期値

 気象予報士の勉強においてつまずいた記憶のある言葉、初期値。

 複雑なもののように考えていましたが、言葉のとおりと最初に憶えておいたらあとあと楽だっただろうなと思っています。

 初期値は、対象となる力学系の偏微分法手式に値を入力し、時間積分し、力学の時間変化を見るために必要で、その値のことです。

 簡単に言えば、大気の状態を長年観測して求めた現実の大気を模倣した支配方程式に入力する値のことです。


初期値には初期値問題があります。

問題点

1 観測が時間的に不均質
2 海洋上や砂漠地帯などでの観測の空白地域
3 誤差


 数値予報において、支配方程式は絶対です。日々、学習・成長するものと考えるべきでしょうか。
それに入力する初期値が正確であればあるほど、計算結果と今後の改良につながっています。

 そのため、現在の支配方程式に都合のよい初期値を求める作業が必要となります。
その方法として、客観解析・初期値化と呼ばれるものがあります。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





12:45  |  数値予報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.15 (Wed)

ボーイング737

 先日、出張で日本では最新機種でしょうか?ボーイング737-800に乗ってきました。


   広告サイト


 
 737はジャンボで有名な747より、先に開発されていますが、改良を表す―(ダッシュ)以降の数字は1000を越える、超ロングヒット旅客機のひとつです。


    広告サイト



 最近は―700以降をB737NGと表現し、NGとはNext Generationの略で、次世代型のB737という意味だそうです。

 確かに737-200、400や500に乗ったときに較べ、当然機年齢は若いし、液晶はでかいし、コンピューター・グラフィックはきれいだし、乗り心地はかなり快適でした。


 A380は個人的に、スタイルが悪いので嫌いですが、B787には乗ってみたいですね。


 しかし、設計と実機の性能に差があったり、ボーイング社のストの影響などで、なかなか開発・製造が軌道に乗っていないようですね。

 日本のMRJも期待してますよ。なぜって、零戦の国の人ですから。

boeing-787-dreamliner.jpg
boeing-787-dreamliner1.jpg



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





23:36  |  航空機  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.14 (Tue)

高層のモデレート

青空

 昨日はいい天気、気温がぐんぐん上昇、暖かかったですね。

雨

しかし、明日からは下り坂、桜は完全に葉桜になるのでしょう。

桜開花

さよなら、さくら。。。


 さて、昨日のFBJP(21時発行・翌日午前3時まで有効)より、CATの予報で、FL410以上でMOD TURB モデレート・タービュランスを予想しています。

FBJP13APR0918Z.jpg
FBJP 有効14日午前3時


 続いて、AXJP140(13日午後9時の解析)です。
AXJP13APR09.jpg
AXJP140 13日午後9時

 AXJP140(13日午後9時の解析)を見てみますと、あらあら圏界面を境に、風がぐんと減っていますね。

 秋田の上空のFL400では六芒星があり、これが対流圏と成層圏との圏界面を示しています。

 秋田上空、六芒星のあたりでは110ktくらい吹いていますが、FL425あたりでは75kt、2500ftあたり35ktの風の変化があり、1000ftあたり14ktとなり、大きなウィンドシアーとなります。


 圏界面ではもともと揺れの要素をもっています。対流圏はもともと鉛直方向に対流するという様から、成層圏は水平に安定した気塊が重なっている様から、それぞれ名づけられています。

 例えると、ぼこぼこ沸かした風呂の水面が圏界面、お湯が対流圏、湯面の上の空気が成層圏と想像してみてください。圏界面が揺れそうに感じませんか?

 さらに1000ftあたり14ktものウィンド・シアー、こりゃ揺れます。


AUPA13APR09.jpg
AUPA 13日午後9時解析

  原因はなんでしょう?

 AUPAをみると、関東から東北にかけて高層で強風軸の収束がみられます。

 さてさて、航空機ってFL400以上も飛べるのでしょうか?

 飛べないことはないようですが、B747-400、いわゆる4発エンジン・ジャンボで43000ftあたりが限界のようですね。

 ということは、CATの予報されている高度は航空機にとって性能上限界に近い高度となるので、あまり飛ばないのでは、ということはそんなに気にしないでいいかもしれません。


 結局、何が言いたいのか尻切れになってしまいました。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






01:26  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.13 (Mon)

相当温位

 飽和している空気塊を断熱的に上昇させ、含んでいる水蒸気を全部凝結させて、潜熱を全て放出させます。

 潜熱(せんねつ、英語: latent heat)とは、物質の相が変化するときに必要とされる熱エネルギーの総量です。
 通常は融解に伴う融解熱と、蒸発に伴う蒸発熱(気化熱)の2つをいう。潜熱の概念は1750年にジョゼフ・ブラックが導入しました。

物質が固体から液体、もしくは液体から気体に相転移するときには吸熱が起こり、逆の相転移のときには発熱が起こる。

 水分子が水面から大気中へと蒸発する場合(十分な量の液体の水があると考えます)、水分子が熱を低温側となっている大気中に運び、その結果水面に接する大気は周囲の大気よりも高温となって多くの水蒸気を含みます。
 水を水蒸気に変化させるためにはエネルギーが必要であるため、液体の水はそこから蒸発する水蒸気によって熱エネルギーを奪われています、つまり熱を放出しているのです。
 逆に水蒸気が水や氷に変化するときには、水蒸気が持っているエネルギーが顕熱として凝縮や凝固が起きる表面で放出されます。

(潜熱:ウィキペディアより)


 そうして、凝結でできた水滴や氷粒は、全て降水として空気塊から落下させ、放出された潜熱は乾燥空気の温度変化にだけ使われるとします。

 こうして完全に乾燥してしまった空気塊を、もう1度逆に断熱圧縮しつつ1000hPaの高さまでもってきたとき、その空気塊がもつ温度が相当温位です。

飽和している空気塊が断熱的に上昇するときにはこの量は保存されます。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






13:27  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.12 (Sun)

夏日の記録

列島各地で夏日、三重・亀山では29・9度

 高気圧に覆われて気温の高い日が続いている日本列島は、11日も朝から気温が上がり、東京・大手町で午後1時半過ぎに26・1度を観測、都心では今年初めての夏日となった。

 気象庁によると、東京での夏日は平均より20日早いという。全国的な好天は13日頃まで続く見通し。

 この日は、内陸部を中心に気温が上昇、三重県亀山市で29・9度、岐阜県郡上市で29・3度、山梨県甲州市で29・1度を記録し、全国各地で今年の最高気温を更新した。同庁では、高気圧の影響で日中の気温が夜間にあまり下がらない日が続いていることで、気温の上昇に拍車がかかっているとみている。

 東京・北区の飛鳥山公園では、散り始めた桜の木の下で花見に興じる客に混じり、歓声を上げながら噴水で水遊びを楽しむ子供たちの姿も見られた。


Yahooのニュース にとびます。


青空


 夏日が各地で記録されています。

春から初夏にかけて、各地で夏日になります。

「いやぁ、暑い!異常気象だよ!!」

 しかし、それは本当か?

 8月の真夏日30度と春の乾燥した真夏日と砂漠の30度では、本当にエネルギーは同じなのでしょうか?

 ここで考えなければならないのは相当温位です。



まずは、温位の説明です。

 空気塊を断熱的に標準気圧(1000hPa)のところまで下降(上昇)させた時のその空気塊がもつ温度のことを温位といいます。
 断熱変化(空気塊のその周辺との空気の間の熱のやりとりや空気塊の中で水蒸気が飽和して水粒子形成されることで発生する熱が無い)している気体では温位は保存されます。

 つまり、空気塊中の水蒸気が持つ熱量を考慮していない温位に対し、考慮しているのが相当温位です。

 次回は、相当温位を用いて春の真夏日と、8月の真夏日の違いについて述べたいと考えています。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






22:02  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.11 (Sat)

数値予報 入門 その2

支配方程式

仮想大気を人間が模倣する行為は、神への挑戦です。とは言いすぎ。。。

そもそも模倣するとは、完璧に再現しているわけではありません。



 現実の大気の流れを観測し、その特徴を掴み理解することがなにをより重要で、解明されている物理の法則を当てはめることにより支配方程式が完成します。

 また、地球の大気の特徴として、水の存在と熱量の変化が挙げられます。

 大気の中で起こる水と熱の複雑な変化を捉えなければ、正確な予報はできません。


さて、解明・使用されている物理の法則は以下のとおりです。

1 液体の運動方程式 ニュートンの運動の法則
2 熱力学方程式 熱力学第一方程式
3 連続の式 質量保存則
4 気体の状態方程式 ボイル・シャルルの法則
5 水蒸気の保存式 水の不生不滅の法則


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






23:55  |  数値予報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.10 (Fri)

数値予報 入門 その1

大気の状態は物理の法則で決まっています。

万物の営み、時の流れ、万物の決まりを物理の法則に当てはめたもが数値予報の原理です。

大気の状態を支配する物理法則に基づき、風や気温や湿度を定量的に求めることにより、将来の大気の状態を予測する方法を数値予報と呼び、数値予報を実際に使用するには、以下の作業を行います。

1 支配方程式
2 初期値
3 作業と技術
4 結果と解析


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





15:49  |  数値予報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.09 (Thu)

FXJP854

 数値予報について、ここ数日で特集を組もうと考えていますが、とりあえず入門程度に読んでみてください。

 北朝鮮のミサイル発射基地の天気予報がなぜできるかということですが、下図は今月5日午後9時発表のFXJP854です。

FXJP85406APR09.jpg
FXJP854 5日午後9時発表


さらに7日午前9時を予測・計算したものを拡大したものです。

FXJP85406APR09_3.jpg
FXJP 36時間後 7日午前9時

 元データは5日の午後9時から気象庁のスパコンがたたき出した36時間後のデータが7日午前9時の図になります。

 そして、7日午前9時の各地のアメダスのデータを表示します。

東京 気温15度  風向 北    2メートル・ 4ノット

松前 気温 8度  風向 西北西 5メートル・10ノット

宗谷 気温 3度  風向 西北西 9メートル・18ノット

那覇 気温20度  風向 北東   5メートル・10ノット


 各地、地形の影響を受け、風向風速に決まった法則はありませんが、地形の影響がなければ風向はほぼ一緒、風速は850hpaのだいたい1/3(1/2~1/4)でしょう。


 そして、みなさんも日々、スパコンで計算したFX系の気象図と実況を較べ研究してみてください。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






12:01  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.08 (Wed)

浅間山 警戒レベル低下

浅間山:噴火警戒レベル「2」に引き下げ 大型連休前に朗報 /群馬
4月8日15時0分配信 毎日新聞

噴火警戒レベル


 ◇「入山規制」から「火口周辺規制」
 浅間山(2568メートル)の噴火警戒レベルが7日、約2カ月ぶりに「3」(入山規制)から「2」(火口周辺規制)に引き下げられた。大型連休前の朗報に、地元の観光関係者からは、安堵(あんど)の声が上がっている。
 「これで、多くの観光客が嬬恋に来やすくなるのではないか」。嬬恋村観光協会の吉田勝事務局長はホッとした様子で話した。観光が主要な産業の村にとって、浅間山の活動は死活問題だ。今回の警戒レベル引き下げで、火口4キロ以内にある「浅間高原シャクナゲ園」も立ち入りが可能になり、花が見ごろを迎える5月中旬までにはオープンできる見通しとなった。吉田事務局長は「多くの観光客からの問い合わせが来ている。きれいなシャクナゲを見てほしい」と胸をなでおろす。
 前橋地方気象台によると、警戒レベル3は5段階の真ん中で、火口から4キロの範囲で直径50センチ以上の噴石が飛ぶ中規模噴火を起こす可能性がある状態。今回、活動の目安となる火山性地震の回数は6日に149回を観測したが、直接噴火につながる周期の短い地震はうち12回にとどまっており、同気象台は「中規模噴火を起こす可能性は低くなった」と説明する。ただ、小規模噴火は今後も注意が必要という。
 村観光商工課は「油断はできないが、レベルが下がって良かった。5月のイベントは、今から宣伝しないと間に合わないので、頑張ってPRしていきたい」と意気込んでいる。

噴火レベル導入火山



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






22:23  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.07 (Tue)

清明(せいめい)

清明(せいめい)

二十四節気のひとつで例年4月5日ごろになあり、春分と穀雨の間にあたります。


太陽黄径


太陽黄経が15度。


 暦便覧には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されていて、万物がすがすがしく明るく美しいころとなり、三月節です。


 移動性の高気圧が次々に日本を通過し、気温が20度を超え色とりどりの鮮やかな花が咲き乱れ、花見のシーズンでもあります。
桜開花


桜の花見で沸いた清明にあたる5日は、ミサイルも飛んでいきましたが・・・
テポドン



清明の期間の七十二候は以下の通り。

初候
玄鳥至(げんちょう いたる)
      燕が南からやって来る(日本)
桐始華(きり はじめて はなさく)
       桐の花が咲き始める(中国)

次候
鴻雁北(こうがん きたす)
       雁が北へ渡って行く(日本)
田鼠化為?(でんそ けして うずらと なる)
       熊鼠が鶉になる(中国)

末候
虹始見(にじ はじめて あらわる)
       雨の後に虹が出始める(日本・中国)



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






12:29  |  二十四節気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.06 (Mon)

気象庁が舞水端里の天気予報

気象庁が舞水端里(ムスダンリ)の天気予報

発射基地周辺は好天続く見込み…気象庁、北朝鮮の天気予報
4月5日3時7分配信 読売新聞

気象庁は4日、北朝鮮のミサイル発射基地がある舞水端里(ムスダンリ)周辺の5日の天気について、晴天で午前中は風が弱いが、午後は海上で風速10メートルほどとやや強まる見込み、との予報を発表した。

6日は雲が広がるものの天気は崩れず、7~8日は高気圧に覆われて晴れる見込みとしている。


と、報道がありました。

 晴れるか晴れないかは衛星画像と高層天気図などを用いて予報は可能です。

 また、風速に関しては相当温位や風の場の解析でわかりやすい”FXJP854”を用いれば、予測は可能です。

 下図は5日午後9時発表のFXJP854です。さらに7日午前9時を予測・計算したものを拡大し、明日、どれほどの精度があるのか検証してみることにします。

FXJP85406APR09.jpg

FXJP85406APR09_3.jpg
7日午前9時

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






12:25  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.05 (Sun)

本日、発射!

 今日という日の航空無線は非常に騒がしく、一時緊張の走った一日でもありました。

 11時ごろより、緊急用の航空無線121.5kHzにおいて、航空自衛隊が10分おきに

「東北地方を飛行する航空機に告ぐ。本日発射の可能性あり!」

と、一方送信していました。

テポドン

 さらに、11時33分ごろには東北地方を管轄する航空無線において、発射を確認したことを一方送信していました。

「・・・Flying object has been launched from the North Korea!・・・」

 録音を切り替えていた時に、この一報が流れてしまったので録音できず・・・上記のようなことを言っていたと思います。

 飛翔体自体は領土に落下せず、太平洋に通過したため、航空無線においては一部管制官に確認をするパイロットがいたぐらいで大きな混乱は起きていませんでした。

が・・・

 私自身、地上で聞いているのに緊張しました。さぞかし、上空を飛行していた方々はなんと思ったのでしょう・・・



ミサイルか人工衛星とか、騒いでいる今日は暦の上で「清明」。。。

万物が明るく美しく見える季節。

飛翔体が万物に暗い影を落とした一日になってしまいました。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






19:41  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.04 (Sat)

北朝鮮ミサイル

Yahooのニュース へとびます。

<北朝鮮ミサイル>全日空と日航が飛行経路を変更
4月3日19時15分配信 毎日新聞


 北朝鮮のミサイル発射予告に絡み、全日空は3日、成田を発着する欧州、ハワイの4路線で飛行経路を変更すると発表した。ホノルル発成田行きの便で、到着が15~20分遅れる見込み。

 日本航空も成田と欧州を結ぶ7路線、ハワイを結ぶ2路線で経路を変更する。

 この問題で、国土交通省は、日本海と太平洋の二つの空域で、航空機に注意を求める航空情報(ノータム)を出している。



 昼すぎに誤探知さわぎがあったし、今日はそわそわしそうな1日になりそうです。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






14:41  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.03 (Fri)

セントリノ

新しくパソコンを購入しました。

 以前の機種はセレロンの1.7GHzのノートのCPUをCoreDuoに換装して使っていましたが、グラフィックが弱くなにかと不便だったので、おもいきって購入しました。
「これからはばりばり仕事をこなすぞ」 と 意気込んでおります。

 スペックをかなり追求したので、当然といえば当然ですが、前の機種なんかよりチョッパヤです。さっくさく。。。お金はどかんと飛びましたが。

 グラフィックを強化しましたので、ブログにUPする際の画像・動画編集、また行く行くはホームページの開設にこぎつけたいと考えています。

 ホームページでMETAR/TAFの解説や一発変換、航空気象天気図の解説や典型的な天気図の解説をUPしたいと考えています。

 趣味の一環なのであくまで夢です。だけど、がんばります。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






23:35  |  ワタクシゴト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.02 (Thu)

雷乃発声  (らい すなわち こえを はっす)

 昨晩は、関東地方は気圧の谷の通過により各地で落雷があり、また雹(ひょう)が降ったところもあるようです。

レーダーエコー 
1540.jpg
時刻 15:40

1700.jpg
時刻 17:00

1730.jpg
時刻 17:30


羽田のmetar 01日の時系列

010900Z 05010KT 9000 FEW015 BKN025 11/08 Q1006 RMK 1CU015 6CU025 A2972
午後6時 北東風 視程9km くもり

011000Z 06013KT 9999 -SHRA FEW009 BKN025 BKN050 11/08 Q1006 RMK 1ST009 6CU025 7SC050 A2971 MOD TURB 8000FT 8NM SW ONJUKU BY B777 AT 0943
午後7時 南東風 視程10km以上 小雨 モデレートタービュランスを8000ft 御宿の南西 8マイル B777が18時43分に遭遇 

011100Z 06009KT 4500 TSRA BR FEW008 SCT010 FEW020CB BKN025 10/08 Q1006 RMK 2ST008 4CU010 1CB020 7CU025 A2971 FBL TS 5KM SW MOV NE CB 20KM NW MOV E
午後8時 南東風 視程4500m 雷雨 並みの雷雨 5km南西に存在し北東へ移動 積乱雲が20km南西に存在し東へ移動

011130Z 17005KT 120V300 4500 -TSRA BR FEW006 SCT010 FEW020CB BKN025 10/08 Q1006 WS R34L RMK 1ST006 3CU010 1CB020 7CU025 A297
1 FBL TS 10KM SE-S MOV E AND 10KM NW-N MOV SE
午後8時30分 南風 視程4500m 雷雨 ウィンドシアー 滑走路34L 並みの雷雨 10km南東から南に存在し東に移動 10km北西から北に存在し南東へ移動

 この雷雨の原因は上空の寒気です。この寒気は上空にシアー、空気の層を作り、大きな風の変化を伴っていたので、今日の午前中まで影響していました。

 午前中は地上において風が強く、また無線を聞く限り、午前中の間は羽田・成田上空でモデレートタービュランスの報告が数件ありました。

羽田空港の02日午前7時30分のmetar
011930Z 33023G36KT 9000 -SHRA FEW015 BKN020 06/01 Q1006 RMK 1CU015 7CU020 A2971
北西風12メートル 強風18メートル 視程9km 小雨



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






23:41  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.01 (Wed)

ウインドシアー警報装置その3

 ウインド・シアーに遭遇した際に警報を発するGPWS(Ground Proximity Warning System)地上接近警報装置に組み込まれた装置は、予測はできません。

 なぜなら、航空機が遭遇している急激な上昇降下、増減速をもとに警報を発しているので現在、いやむしろ過去のウインドシアーに対し、警報を発する仕組みになっているからです。


 対し、予測できるタイプとは何を元に予測しているのか?


答えは、機上レーダーです。


 機上レーダーが着陸前に自動で作動し始め、およそ2分前から検知した気流の乱れを元に警報を出せるようになっているようです。


記事には

”同装置を装備する法的義務はないが、航空関係者は「滑走路近くで激しいウインド・シアが発生していた場合、同装置があれば、着陸を見送る判断をできた可能性もある」と指摘している。”

とあります。


はたして、そうなのか?


事故当日のMETARの時系列です。

222100Z 30013G28KT 260V330 9999 FEW020 13/M01 Q0998 NOSIG RMK 1CU020 A2948
午前6時 北西風7m 強風14m 視程10km以上 晴れ 気温13度 露点-1度

222108Z 31025G35KT 9999 FEW020 12/M01 Q0998 RMK 1CU020 A2949
午前6時8分 北西風13m 強風18m 視程10km以上 晴れ 気温12度 露点-1度 

222130Z 32026G40KT 9999 FEW020 12/M02 Q0999 WS R34L NOSIG RMK 1CU020 A2952 P/RR
午前6時30分 北西風13m 強風20m 視程10km以上 晴れ 気温12度 露点-2度
特記 滑走路34LでWS(ウインド・シア)発生

事故発生!

222200Z 31026G40KT 9999 FEW020 12/M02 Q1001 NOSIG RMK 1CU020 A2957 P/RR
午前7時 北西風13m 強風20m 視程10km以上 晴れ 気温12度 露点-2度

222230Z 30018KT 9999 FEW030 12/M03 Q1001 WS R34R TEMPO 31020G30KT RMK 1CU030 A2959 2218 MOD TURB BLW 500FT ON FNA RWY34R B767
午前7時半 北西風9m 視程10km以上 晴れ 気温12度 露点-3度
特記 滑走路34RでWS(ウインド・シア)発生、時々北西風10m強風15m、滑走路34R 500ft 着陸30秒前 でモデレート・タービュランス 機種B767


エマグラム23MAR00Z
23日午前9時 館野のエマグラム


 機上レーダーで検知するのは、水滴・雨粒です。おそらく、予測型のウィンド・シアーを警報する装置は、レーダーで湿った気流の乱れを検知する装置でしょう。

 乾いた気流はレーダーには検知できません。最近の地上設備である、ドップラーライダーなら、空気中のチリ・エアロゾールで検知可能ですが、機上のレーダーはあくまで湿った空気を対象としています。

 事故当日の低層は乾いています。

 気圧配置は発達中の低気圧が伴う寒冷前線が通過して数時間後、METARもエマグラムも乾燥していたことを証明しています。


結論
予測型のウィンドシアー警報装置を装備していても、警報は出なかった。

前後の航空機にウインドシアーの予測警報が出ていたのかまで調べてほしかったですね。


以下、ウィキペディアより引用

地上レーダー

ドップラー・レーダー ←ウィキペディアへ
 ドップラー・レーダー(Doppler radar)とは、ドップラー効果による周波数の変移を観測することで、位置だけではなく観測対象の移動速度を観測する事の出来るレーダーである。

 観測対象がレーダーから遠ざかっている場合にはドップラー効果により反射波の波長が長くなる。逆に近づいている場合には反射波の波長が短くなる。この波長の変化を測定することで、観測対象がレーダーサイトに対してどの程度の速度で遠ざかっているのか、もしくは近づいているのかを知ることが出来る。

 ただ、1台のドップラー・レーダーでは一次元的な動きしか捉える事が出来ないため、実際には複数台のドップラー・レーダーを用いて同時に観測(デュアル・ドップラー・レーダー観測)を行う事が多い。2台以上のドップラー・レーダーの観測結果を解析する事で二次元的な動きを捉える事が出来る。

 なお、レーダーサイトに対して水平に移動している場合はドップラー効果による周波数の変移が起こらないため、静止している場合と区別する事が出来ない。

 雲内部の降水粒子の移動速度を観測することで、雲内部の風の挙動を知ることが出来るため、気象観測に多く用いられる。特に空港においては、離着陸する航空機に対するダウンバースト(下降噴流)などの発生を把握するため、順次更新設置されている。アメリカでは竜巻対策としてドップラー・レーダーによる監視・警告システムが発達しており(気象機関・企業のみならず、かなりのテレビ局が自前のレーダーを所有している)、日本でも近年の竜巻の多発を受けて、気象庁が2008年3月より全国11ヶ所に設置したドップラー・レーダーによる「竜巻注意情報」の提供を開始した。

 航空機搭載用のドップラー・レーダーは、気象レーダーとしての他、対地速度を測定して航法に応用するためのものも多い。また特に戦闘機などではドップラー現象を応用して、地面と航空機を区別するためのパルスドップラーレーダーも搭載されている。


ライダー ←ウィキペディアへ
 ライダーとレーダーの最も基本的な相違は、ライダーはレーダーよりも遥かに短い波長の電磁波を用いることである。
 典型的には紫外線、可視光線、近赤外線である。一般的に、検出できる物体や物体の特徴のサイズは、波長を下回ることができない。
 従って、ライダーはレーダーよりもエアロゾルや雲の粒子の検出に向いており、大気の研究や気象学にとって有用である。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






13:35  |  航空機  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。