気象予報士の航空気象 2011年01月

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.28 (Fri)

新燃岳 噴火 火山灰による航空機への影響

 霧島連峰の新燃岳がたいへんなことに。


RJFM 272110Z 29006KT 9999 VA FEW030 03/M04 Q1027 RMK 1CU030 A3035 VOLCANIC ASH CLOUD W-OHD ASH FALL


RJFM 280600Z 21006KT 9999 -SHRA FEW020 SCT025 BKN035 08/03 Q1023 REVA



新燃岳噴火




 宮崎空港は火山灰の影響で遅延や欠航、閉鎖。


火山灰が航空機に及ぼす影響は下記にて。


 ちなみに、車も同じような影響がでます。


無理にワイパーを動かすと、フロントガラスが擦りガラス。


エアーフィルターは”まっくろくろすけ”。下手すらエンジンやられます。


雨が降って水分を含んだ火山灰は硫化物や酸化物を含むため、腐食が進みます。


中途半端に洗うよりもしっかり洗わないと大変なことになります。


火山灰によるスリップも考えられます。


 車の運転にも十分な注意が必要です。


車は身近になりすぎて気づかなくなってますが、万能ではありません。





火山灰が飛行機の運航に影響する理由に興味のある方は、下記をクリック。


過去の火山に関するブログ
浅間山噴火 火山灰と飛行機
浅間山噴火 火山灰と飛行機 その2


ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故 ウィキペディアより
ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故


 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。











スポンサーサイト
20:50  |  火山灰  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。