気象予報士の航空気象 台風と海水温

*All archives   *Admin

2009.05.07 (Thu)

台風と海水温

 台風1号が小笠原諸島に接近しています。


台風位置07MAY09


 台風1号から本土に上陸したことはありませんが、小笠原諸島に接近したのは過去15年で4回あり、今回で5回目となります。

04年4月15日ころ(970~975hPa)
00年5月11日ころ(970~975hPa)
99年4月27日ころ(980hPa)
97年4月22日ころ(975~980hPa)
()内は最接近時の勢力。


 特に珍しいことではないようです。


台風1号09


 さて、本日午前9時ごろには、台風1号は北緯26度、東経144度くらいに位置しています。

 台風の発達におおいに関係しているのが、海水温です。28度以上が発達の目安です。台風の元は、蒸発する水蒸気によってできる対流性の雲です。


 ちょっと古いのですが、5日付けの海水温ですが、下図はCQPQ1を用いて説明します。


CQPQ1海水温5MAY09
CQPQ1 05MAY09


×印が本日の午前9時頃の位置を表しています。

 その周辺の海水温は22-23度くらいなので、もう発達はありません。


あとは、上空の寒気と重なって、温帯低気圧として再発達するかどうかでしょう。


 しかし、まだまだ油断禁物ですが。。。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






スポンサーサイト
12:22  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/103-ef7a188e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |