気象予報士の航空気象 エールフランス機に何が?

*All archives   *Admin

2009.06.01 (Mon)

エールフランス機に何が?

エールフランス機、落雷で墜落の可能性
6月1日22時56分配信 産経新聞


A330-200.jpg


 ロイター通信などによると、1日、ブラジルのリオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス航空447便のエアバスA330-200型旅客機(乗客乗員計228人)がブラジル沖の大西洋上で消息を絶った。パリには予定時間になっても到着しておらず、墜落した可能性が高い。ブラジル空軍が捜索している。


 同機はリオデジャネイロを現地時間の5月31日午後7時(日本時間1日午前7時)に離陸後、フランス時間の1日午前11時15分(同午後6時15分)にパリのシャルル・ドゴール空港に到着する予定だった。パリの空港当局者は同日午前8時(同午後3時)ごろ、機影が管制レーダーから消えたとしている。


捜索空域


 エールフランスによると、出発から約4時間後の午前4時(同午前11時)ごろ、旅客機は乱気流を伴う悪天候の空域を通過し、その約15分後、電気系統の不具合を知らせる自動通信が送られてきた。同社担当者は落雷を受けた恐れがあるとしている。


 フランスのボルロー・エコロジー相は乗っ取られた可能性を否定し事故との見方を示す一方、機影がスペインなど周辺諸国の管制レーダーにも確認されておらず、燃料がすでに切れている恐れを指摘した。同機には子供7人と乳児1人を含む乗客216人のほか、乗員12人が乗っている。


 リオデジャネイロの日本総領事館によると、現地駐在の日本企業関係者は搭乗していなかったという。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
22:43  |  航空機  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/131-1caec7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |