気象予報士の航空気象 サリチェフ火山灰の行方

*All archives   *Admin

2009.07.04 (Sat)

サリチェフ火山灰の行方

サリチェフSOx濃度6月下旬



 6月下旬頃の千島列島サリチェフ火山(松輪富士)からあがったSOx濃度の分布図をします。


日本と北米線では千島列島近くを飛んでいくルートがあります。

また、欧州線では新潟を北に北上し、ユーラシア大陸に入っていく経路があります。


この影響で、北米路線に限らず欧州線においても航空便に遅れが出ていることがわかります。


 航空にあるSOxは短時間では移動しないため、さまざまな経路での航空便に影響が出ています。



サリチェフ噴火詳細図

宇宙飛行士の若田さんが撮影?
サリチェフ火山 爆発




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
18:06  |  火山灰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/164-8c71187b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |