気象予報士の航空気象 副振動 あびき

*All archives   *Admin

2009.07.17 (Fri)

副振動 あびき

副振動が昨日、テレビでまたも話題になっていましたので、本日の記事にします。


まずは、Youtubeより




つぎは、山口県の須佐の潮位変化です。
気象庁のHPから抜粋。

潮位ー須佐17JUL09


2-3時間の間に、最大幅50cmくらいの変化が見られます。
これだと川が逆流するのが理解できます。


以下は
長崎海洋気象台のHPより引用したものです。
クリックすると、そちらのHPへ移動します。


あびきとは・・・

あびきとは長崎湾で発生する副振動のことをいい、30~40分周期で海面が上下振動します。過去には大きなあびきで係留していた船舶の流失や低地での浸水被害が発生しています。あびきの語源は早い流れのため魚網が流される「網引き」に由来すると言われています。現在は長崎に限らず、九州西方で発生する同様な現象に対して広く用いられるようになっています。

副振動とは数十分周期の港湾の振動で、長方形の容器に水を入れ、一方の端を持ち上げて少し傾けてから元に戻すとしばらく水全体が左右に振動するのと同じ現象です。





ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
01:01  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/177-9a73d05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |