気象予報士の航空気象 立秋

*All archives   *Admin

2009.08.07 (Fri)

立秋

立秋(りっしゅう)は、二十四節気のひとつで、例年8月7日ごろです。


また、この日から処暑までの期間も立秋と呼びます。


太陽黄経は135度。


初めて秋の気配が表われてくるころとされ、七月節(旧暦7月)です。


暦便覧では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明されており、暦の上では秋を迎えますが、


実際は暑さが厳しく、残暑の時期です。



この日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになります。


また、立秋に至っても梅雨が明けない場合は、「梅雨明け」の発表はされません。


いまだ、あけていない東北地方の梅雨明け、今年はどうなるのでしょう。



七十二候


初候

涼風至          (りょうふう いたる)
               涼しい風が立ち始める(日本・中国)


次候

寒蝉鳴          (かんせん なく)
               蜩が鳴き始める(日本)
白露降          (はくろ くだる)
               朝露が降り始める(中国)


末候

蒙霧升降         (もうむ しょうごう)
               深い霧が立ち込める(日本)
寒蝉鳴           (かんせん なく)
               蜩が鳴き始める(中国)



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。
 

以下、アフィリエイトサイトです。







スポンサーサイト
18:53  |  二十四節気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/200-131f7613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |