気象予報士の航空気象 不作の年

*All archives   *Admin

2009.08.11 (Tue)

不作の年

 梅雨が明けないと、必ず日照時間が短くなり、不作の年となります。


1993年のタイ米を緊急輸入した米騒動を思い出しました。


 ちなみに、6年前の平成15年の作況指数は90です。


今年は最終的にいくつになるんでしょうね。



梅雨明け「なし」 東北南部・北部、6年ぶり
8月10日14時20分配信 河北新報


 仙台管区気象台は10日、東北南部と北部の梅雨明けの特定を見送ると発表した。東北は梅雨明けがないまま、秋を迎えることになる。梅雨明けが特定できなかったのは南部、北部とも2003年以来6年ぶり。

 東北は梅雨入り後、梅雨前線やオホーツク海高気圧の影響でぐずついた天気が続いた。気象庁は立秋(7日)から2日後を梅雨明けの有無の判断期限としているが、今月になっても晴天が続かず、梅雨明け時期の発表をしないことを決めた。

 今年の梅雨入りは東北南部が6月10日ごろ、北部が同11日ごろだった。平年の梅雨明けは南部が7月23日ごろ、北部は同27日ごろ。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。
 

以下、アフィリエイトサイトです。







.
スポンサーサイト
13:43  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/203-d5670b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |