気象予報士の航空気象 暖冬予報 長期予報

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.24 (Thu)

暖冬予報 長期予報

今年は暖冬ですかね。


長期予報って、当たりそうで外れる時は外れるし、、、


雪が少ないと、スキー場が大変かなぁ。


灯油の消費量が減ることは環境的にはOKか。


関東に雪は降るのかなぁ。。。


秋、冬とも気温高い傾向=エルニーニョ現象が影響
   -気象庁
     9月24日16時58分配信 時事通信

 気象庁は24日、10~12月の3カ月予報と、冬(12月~来年2月)の予報を発表した。太平洋赤道域の中部から南米沖にかけての海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象が冬まで持続するため、全国的に気温が高い傾向が続く見込み。冬の日本海側の降雪量も平年より少ない可能性が高い。

 10~12月の降水量は、北日本(北海道と東北)と東日本日本海側で少なく、東日本太平洋側と西日本は平年並み、沖縄・奄美地方は多い見込み。

 冬の天候には、北極寒気の動向も大きく影響するが、どの程度南下して日本付近に寒気が流入するかは、まだ予測できないという。

 【10月】天気はほぼ全国的に数日周期で変わる。沖縄・奄美は平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 【11月】数日周期で変わる。北日本日本海側は平年に比べ晴れの日が多い。

 【12月】平年と同様に、太平洋側は晴れの日が多い。北・東日本日本海側は曇りや雪、雨の日が多い。西日本日本海側と沖縄・奄美は曇りや雨の日が多い。 




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。
 

以下、アフィリエイトサイトです。






スポンサーサイト
22:39  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/249-fcf044b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。