気象予報士の航空気象 着雪

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.24 (Tue)

着雪

ノースウエスト乱気流事故の続報がなくなりました。事故調の見解待ちでしょうか。

 あっけないものですね。こうして、人は同じ過ちを繰り返していくのです。


 今日からは、頓挫していた着氷とMETAR・TAFなどの電文解読の特集を組んでいきます。

着氷?着雪?

着氷 スケート
      これも”着氷”

 一般の天気予報で聞くのは「着雪」です。「着雪注意報」なんて耳にしますからね。海上注意報の中には「着氷注意報」というのもあるのですが、あまり耳にしません。

 着氷と着雪、じつは違うんです。

 恥ずかしながら、よくわかっていませんでした。

 着雪 は降っている雪がくっつくこと、
 着氷 は過冷却水滴、冷やされすぎた水分が物体の表面に凍りつくことです。

 あるものがくっつくのか、ないものがくっつくのかの違いと、その結果、引き起こす要因も違います。



着雪

着雪

 航空機への影響は少ないです。なぜなら、吹き飛ばされるからです。着雪は雪が物体に付着する現象で、湿った雪だと表面張力の効果で起こりやすいようです。走行中の自動車や列車の車体に付着したり、送電線や電話線に付着したり、電線への付着は断線や鉄塔崩壊を招く恐れがあるため、「電線着雪」という言葉もあります。

 電線着雪は、時に電線周り直径30cmを超えることもあるそうです。

 湿った雪(すなわち0-5℃あたりの気温での雪)ほど、着雪が起きやすいのですが、0度以下の乾いた雪でも起こることがあります。

 車に積もった雪を見ますとよくわかりますが、雪はガラスや金属には付着しやすく、ナイロンやポリエチレンなどの衣服には付着しにくいそうです。

 また、着雪注意報は各気象管区によって若干異なりますが、降雪の強度、降雪の深度、気温などで決まり、着雪が著しく、通信線や送電線などに害を及ぼす予報がされると発表されます。

 次回は「着氷」、大学で学んだ力学を交えてUPしたいと考えています。





FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
19:42  |  雪氷  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

はじめましてです。
ブログ村から飛んできました。
私も予報士の資格をもっていますが、なんというか、
私の場合はうまく活用できていない感じです。^^;

航空気象は興味ありですが、まったくもって分かりません。
ということで、こちらで勉強させていただきたいと思ってます。
よろしくお願いします。

明日は出張で飛行機に乗ります。
こちらの記事を読んでちょっとどきどきしているところです。^^;
たまにゃん |  2009年02月25日(水) 00:39 | URL 【コメント編集】

★はじめまして

 私も数年前に資格を取得しましたが、すでに気象に直接影響のない会社に就職していたため、有効活用できていません。
 観天望気や気象の知識を煮詰める面でも、空や雲を眺めることはとてもいいことですよね。今後、お邪魔させていただきます。
 今日、25日は15000ft、上昇降下ともに7-10分程度、までは揺れあり、東北、北海道は降下中に強いジェットを横切るため、揺れあり。西日本、大阪福岡、大きな問題なし。どの空路も怪我するような揺れはないと予想します。

 お気をつけて。Good Luck!
瑞翔 |  2009年02月25日(水) 11:57 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/27-ecfc9699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。