気象予報士の航空気象 葉はなぜ色づく?

*All archives   *Admin

2009.11.24 (Tue)

葉はなぜ色づく?

紅葉って、どうしておきるのでしょう。


広葉樹を紅葉樹と書きそうになりますが、日本は彩付く樹が多いので紅葉を楽しむ文化が生まれたのでしょう。


紅葉は昼夜の寒暖の差が大きくなる10-11月に始まり、日平均気温差が10度超え、最低気温が10度より低くなる頃だといわれています。


葉っぱの色は葉緑素の色、それが気温差が激しくなると冬に備えるために葉っぱと枝の間に栓をします。


すると、葉っぱの中には、光合成により糖がたまり、葉っぱ内のバランスが崩れるようです。


そして、葉緑素の緑の色が消え、他の色にが台頭してくるらしいです。


書いてて、知識の整理が必要と感じております。


ちゃんと、調べますので、しばしお待ちを。。。




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。







スポンサーサイト
12:49  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/313-e3078b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |