気象予報士の航空気象 東京、完全なる初雪

*All archives   *Admin

2009.02.28 (Sat)

東京、完全なる初雪

昨日、関東地方は雪でしたね。

降雪


 正午前後のアメダスの気温を見ると、伊豆半島付近から気温が急激に変化し、おおむね7度以上ありました。箱根が境でしょうか。

 局地的な天気の特徴は、やっぱり地元に長年住んでいる人が一番知っています。読者の皆さんも、地元(田舎)の天気の特徴を、祖父祖母や両親から聞いたことはないでしょうか?
 副振動、「あびき」はいい例ですよね。ちなみに「春一番」も漁師の言葉から来たものなんですよ。

 さて、昨日の雪について

 午前10時ごろ、京成線を上野から成田方面へ乗車していました。船橋の辺りからはっきりと雪に変わり、佐倉の辺りでは田畑や停車中の車の上に雪が積もっていました。推定3cm。

 降水は気温と湿度の関係で雪や霙、雨になります。だいたいの目安が3℃前後ですかね。あくまで、簡単な目安。

 羽田も成田も大雪ではないので、混乱はなさそうですね。

 大空港ですし、雪に慣れてないことによる作業能率、乗客の反応で、羽田・成田は雪に弱い空港です。

ということで、各地のアメダス(気温と降水量)をUP
27日アメダス


 午前10時ごろ、気温がぐっと冷え込んで各地で雪・みぞれになりました。羽田空港では雪とまでいかなかったようですね。
 27日は夜明け前の気温より日中の気温のほうが低いようですね。これは、寒気の流入も関係はしてますが、注目すべきは降水現象があってから気温が下がっているということです。上空に雪を降らせる寒気が流入していて、地上はいきなり冷え込んで雪が降るわけではありません。急激な天気の変化、寒冷前線などの通過を除けば、27日のように降水現象があってから、雪に変わります。

 暖かい地上にあっためられている空気に対し、上空から雪の特攻隊がどんどん降り注いで、自らを雨に変えて熱を奪っていきます。地上付近の気温がぐんぐん下がり、ついに雪は地表に達するというわけです。


以下、参考 RJTTの27日のMETAR 06-15時
270600Z 02015KT 7000 -RA FEW005 BKN008 BKN025 03/02 Q1017 RMK 1ST005 5ST008 7SC025 A3006
270530Z 02015KT 7000 -RA FEW005 BKN008 BKN025 03/01 Q1017 RMK 1ST005 5ST008 7SC025 A3005
270500Z 02015KT 7000 -RA FEW006 BKN008 BKN025 03/01 Q1018 RMK 1ST006 5ST008 7SC025 A3007
270430Z 02015KT 6000 -RA FEW005 SCT007 BKN025 03/01 Q1018 RMK 1ST005 3ST007 7SC025 A3007
270407Z 01014KT 6000 -RA FEW005 SCT007 BKN025 03/02 Q1019 RMK 1ST005 3ST007 7SC025 A3009
270400Z 01014KT 5000 -RA BR FEW005 SCT007 BKN025 03/01 Q1019 RMK 1ST005 3ST007 7SC025 A3009
270330Z 01012KT 5000 -RA BR FEW005 SCT007 BKN030 03/01 Q1019 RMK 1ST005 3ST007 7SC030 A3011
270300Z 36012KT 5000 -RASN FEW005 SCT007 BKN025 03/01 Q1020 RMK 1ST005 3ST007 7SC025 A3014
270230Z 36012KT 7000 -SNRA FEW006 SCT008 BKN020 03/01 Q1021 RMK 1ST006 4ST008 7SC020 A3016
270200Z 36012KT 6000 -SNRA FEW006 SCT008 BKN020 03/01 Q1021 RMK 1ST006 3ST008 7SC020 A3017
270130Z 35011KT 6000 -SNRA FEW006 BKN010 BKN020 03/01 Q1022 RMK 1ST006 5ST010 7SC020 A3018
270100Z 36013KT 6000 -RASN FEW007 BKN012 BKN020 03/01 Q1022 RMK 1ST007 5CU012 7SC020 A3019
270030Z 36011KT 6000 -RASN FEW008 BKN012 BKN020 03/01 Q1022 RMK 1ST008 6CU012 7SC020 A3019
270000Z 36012KT 6000 -RASN FEW008 BKN012 BKN020 03/01 Q1022 RMK 1ST008 5CU012 7SC020 A3018
262350Z 36014KT 4800 RASN BR FEW008 BKN012 BKN025 04/01 Q1021 RMK 1ST008 5CU012 7SC025 A3018
262330Z 02015KT 5000 -RASN BR FEW008 BKN010 BKN025 04/02 Q1021 RMK 1ST008 5CU010 7SC025 A3018
262300Z 01013KT 7000 -RA FEW010 BKN012 BKN025 04/01 Q1021 RMK 1ST010 5CU012 7SC025 A3018
262230Z 01013KT 7000 -RA SCT012 BKN027 04/02 Q1021 RMK 4CU012 7SC027 A3018
262200Z 02014KT 7000 -RA SCT012 BKN027 04/02 Q1021 RMK 3CU012 7SC027 A3017
262130Z 02013KT 7000 -RA SCT012 BKN030 04/02 Q1021 RMK 3CU012 7SC030 A3018
262100Z 03014KT 9000 -RA SCT013 BKN030 05/02 Q1022 RMK 3CU013 7SC030 A3018




FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
15:34  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★初めまして。

私、昔、気象業務についていました。といっても予報官ではないですけどね。metarとかとても懐かしいです。どちらかのホームページで入手できるのでしょうか? もしよければ教えていただきたいのですが。
エコロジー研究所 |  2009年03月01日(日) 04:12 | URL 【コメント編集】

★NOAAのサイトからあつめています。

はじめまして、エコロジー研究所さん

 気象業務に従事していらっしゃっていたとは、うらやましいですね。

 METARですが、検索エンジンで様々なサイトから入手できそうですよ。たとえば、「操縦士協会」や「なんとかDISPATCH」というサイトです。操縦士協会はパイロットの方々の団体のようですから、間違いはなさそうですね。

このブログのネタは、おもにNOAA、プロレスではないですけど、
http://adds.aviationweather.gov/metars/
時系列のMETARを入手できますので、重宝しています。

 私の悩みは、AEISや各会社各省庁独自の無線、カンパニー無線と呼ばれる無線以外にも、上空の揺れの情報をもっと地上にも配信していただきたいです。
 自宅の無線機を録音して、あとから編集するのはしんどいです。電文があればいいのですが。
瑞翔 |  2009年03月01日(日) 11:07 | URL 【コメント編集】

★有難う御座います。

NOAAのホームページで見れるのですね。
初めて知りました。
こういった所で入手されるとは瑞翔さんはすごくレベルの高い方なのでしょうね。私だと英語ですと少し時間がかかりそうです。
また色々教えてください。
エコロジー研究所 |  2009年03月01日(日) 14:26 | URL 【コメント編集】

★いえ、英語は読んでいません

 カンでクリックしているだけですよ。こちらこそ、よろしくお願いします。
 マクロスFは、最近のヒット作でした。ヴァルキリー乗りにあこがれていましたからね。
瑞翔 |  2009年03月01日(日) 22:41 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/34-f1c1b0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |