気象予報士の航空気象 大地震と航空機

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.17 (Sun)

大地震と航空機

 阪神大震災から15年です。


地震は突然やってきて、悲惨な被害を残して去っていきます。


航空の世界で地震で大きな被害が出たという話は、知りません。


地震の後、滑走路が閉鎖して、航空局の車が走って点検しているところを、一度羽田で見たことがあります。


私は防波堤から落ちそうでどきどきしてました。


 もし、関東で大地震が起きた際、日本の空を飛んでいる羽田・成田行きの航空機は、どうなるのでしょう。


両空港がつぶれたら、代替飛行場として中部や関空・千歳が真っ先に考えられます。


ほんまに緊急で降りることだけを考えたら、福島、宇都宮、仙台、山形、浜松、静岡、伊丹なんかが考えられますかね。


降りた後は???と考えると、テネリフェ事故という史上最大の航空機事故のような事例を連想してしまいます。


おそろしや。

 
 国内の航空機で、今日、着陸装置が作動せず、手動で降ろして着陸したそうです。


手動って、まじで?


油圧に対して、代替装置が電動モーターとかではなくて、手動でハンドルでも回すのでしょうか?


まじかよ。。。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
23:36  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/364-26b3e221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。