気象予報士の航空気象 METAR その4

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.12 (Thu)

METAR その4

 ⑤視程
 日本では卓越視程を使用します。卓越視程とは全方面を視程観測し、そのうちの180度またはそれは以上の最大視程のことをいいます。下の例をみてください。
 


視程


 この場合の卓越視程は6kmです。

 最大視程に着目します。
15km--- 50°
 8km---170°
 6km---240° ←180度以上ある最大視程
 5km---310°
 3km---360°

 その合計が180度以上必要なので、この場合の卓越視程は6kmとなります。視程の違いで分けた部分は隣り合っている必要はなく、単純な合計で卓越視程を割り出します。
 ヨーロッパでは最低視程を採用しているようで、この場合は3kmとなります。

 卓越視程の欠点は方向によっては、通報よりも視程が悪く見えにくいことがあるということで、それを補うため国内記事欄に視程と方向が明記されます。これは国内記事欄で詳細を掲載します。

 視程を観測しているのは機械ではありません。なんと人の眼です。昼の話ですけど。昼間は気象視程、結局は人の目、どれだけ見えるかで、夜間は気象光学距離を用い測定します。気象光学距離とは色温度2700Kの白熱灯ビームが大気中で吸収散乱され元の値の5パーセントになるまでの距離だそうで、よくわかりません。やっぱり機械を使うのでしょうか???



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
13:12  |  METAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/37-d11c28ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。