気象予報士の航空気象 津浪シミュレーション向上計画

*All archives   *Admin

2010.03.13 (Sat)

津浪シミュレーション向上計画

 先日のチリ大地震に対する津波警報の一件などから、気象庁は津浪を計算するソフトウエアを大幅改善するようです。


仕分け作業でスパコンに対する予算カットなどがありましたが、こういうことには予算を削らず、なんどもなんども構築、フィードバックを行って、精度を上げて欲しいものです。


こればっかりは、自分ではどうすることも出来ず、出来る方の能力と努力にすがるしかないからです。


文句言えません。



津波予測、来春にも改善
   =当初規模から日本沿岸まで-詳細な計算で精度向上・気象庁
     3月13日14時59分配信 時事通信

 チリ大地震で16年半ぶりに大津波警報を発表した気象庁は、津波の高さ予測が過大だったとの反省から、コンピューターによる予測方法の改善を急ぎ、来春にも実施する方針を決めた。津波の規模を左右する地震断層モデルの想定個所を2.5倍に増やすほか、日本付近の詳しい海底地形図を取り込み、太平洋全域をカバーする計算の単位面積を細かくする。

 同庁地震津波監視課の担当者は「従来の予測では、日本沿岸で大きな波の振幅が続き、なかなか減衰しない」と説明。予測が過大になるほか、警報・注意報が長引く要因となっており、改善により「解消されるのではないか」と話した。

 1999年に整備された現行の遠地津波予測データベースでは、過去に大地震が起きた断層130地点について、規模(マグニチュード=M)を8.5と7.5の2通り想定していた。これを320地点に増やし、M8.0の想定も加えることで、当初の津波規模をより正確に推定する。

 その上で、計算の単位面積を、外洋は9.3キロ四方から2.8キロ四方に、日本付近は1.9キロ四方から0.9キロ四方に細かくする。日本沿岸での津波の高さには、周辺の海底地形が大きく影響するため、日本水路協会の詳しい図も採用する。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
22:32  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/421-a1c212ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |