気象予報士の航空気象 成田空港、2日の時系列METAR

*All archives   *Admin

2010.04.02 (Fri)

成田空港、2日の時系列METAR

 今日は大荒れの日です。


同じような天気が先月ありましたので、前もって準備された方も多いのではないでしょうか?


さて1日午後5時46分発表の成田空港の予報です。


RJAA 010846Z 0109/0212 21018G32KT 9999 FEW012 BKN025
TEMPO 0117/0124 21028G42KT
TEMPO 0200/0203 21028G42KT 4000 SHRA
BECMG 0203/0206 36010KT
TEMPO 0203/0206 4000 SHRA


明け方から強風を予報しています。


また、寒冷前線の通過を昼過ぎと予想しています。


 さて、成田の1日を追ってみましょう。


RJAA 012300Z 21022G36KT 180V240 9999 BLDU BKN030 BKN/// 20/14 Q1002 WS R16R TEMPO 21035G50KT


午前8時、珍しくBLDUとあります。

視程障害現象
DU じん(dust)

特性
BL 高い(blowing) 注)DU,SA,SNが風で2m以上の高さに吹き上げられている場合に使用


RJAA 020000Z 21020G30KT 9999 BKN030 20/15 Q1001 WS R16R WS R16L TEMPO 21035G50KT RMK 7CU030 A2956 2338 MOD TO SEV TURB 1000FT AND BLW ON FNA RWY16R B77W P/FR


低層、接地層が大荒れです。

77W、ボーイング777-300の国際線使用機材のレポートでシビア・タービュランスの通報がされています。


一時の操縦不能に陥るタービュランスです。しかも、1000ft、こえー。


これを証明するように、ニュースでもやっていましたが、フェデックスがゴーアラウンドしましたね。







午前11時から雨が降り始め、視程が悪化していきます。

RJAA 020200Z 21024G41KT 9999 -SHRA BKN025 21/16 Q1000 WS R16R TEMPO 21035G50KT RMK 7CU025 A2955 0141 WS PS MS 15KT BTN 1800FT AND 200FT ON FNA RWY16R A333

RJAA 020230Z 22028G48KT 7000 -SHRA FEW020 BKN025 21/16 Q1000 BECMG 27020KT TEMPO 27020G32KT 4000 SHRA RMK 1CU020 7CU025 A2955

RJAA 020234Z 22018KT 7000 -SHRA FEW020 BKN025 21/16 Q1000 RMK 1CU020 7CU025 A2956

RJAA 020239Z 22031G42KT 7000 -SHRA FEW020 BKN025 20/16 Q1001 RMK 1CU020 7CU025 A2957

RJAA 020242Z 22028G44KT 5000 SHRA BR FEW018 BKN025 20/17 Q1001 RMK 1CU018 7CU025 A2957

RJAA 020245Z 22026G44KT 4000 SHRA BR FEW018 BKN025 20/17 Q1001 RMK 1CU018 7CU025 A2957 P/RR

RJAA 020300Z 27016G34KT 2800 R34L/1500VP1800N R34R/0900V1600D +SHRA BR FEW005 BKN015 17/15 Q1002 NOSIG RMK 1ST005 7CU015 A2961 P/RR


0245-0300Z、つまり11時45分から12時かけて気温が3℃も低下。

さらに、風向きが西風に変化!


RJAA 020308Z 28014G24KT 250V320 4500 R34L/1300VP1800D R34R/1200VP1800U SHRA BR FEW004 BKN015 15/13 Q1003 WS R34L RMK 1ST004 7CU015 A2962 P/RR

RJAA 020330Z 30011KT 270V340 4000 -SHRA BR FEW004 SCT006 BKN020 14/13 Q1003 TEMPO SHRA BR

RJAA 020400Z 32009KT 6000 -SHRA FEW004 BKN006 BKN020 14/13 Q1004 NOSIG RMK 1ST004 5ST006 7CU020 A2965 0348 MOD TURB 3000FT ORION B752

RJAA 020422Z 01015KT 340V040 9000 -SHRA FEW003 BKN005 13/11 Q1004 RMK 1ST003 7ST005 A2965 0419 MOD TURB 3000FT ORION B772

RJAA 020430Z 02014KT 340V050 9999 -SHRA FEW003 BKN005 BKN020 12/10 Q1004 NOSIG RMK 1ST003 5ST005 7CU020 A2967


降水現象による視程悪化と風向きの北よりへの変化、そして、気温の著しい低下。


典型的な寒冷前線の通過です。


この後は、10kt未満の風になり、タービュランスの通報はなくなり、平和な成田空港に戻りました。




 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
22:00  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/442-5885eb76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |