気象予報士の航空気象 嵐、到来

*All archives   *Admin

2010.04.12 (Mon)

嵐、到来

低気圧接近、四国で大雨へ=13日は北日本大荒れか-気象庁
4月11日20時48分配信 時事通信

 気象庁は11日、四国の太平洋側では12日昼すぎから夜にかけ、局地的に激しい雷雨が見込まれ、大雨の恐れがあると発表した。前線を伴う低気圧が、発達しながら四国付近を東へ進み、南から暖かく湿った空気が流れ込むため。
 この低気圧が日本列島の東へ抜けた後、13日には別の低気圧が北日本(北海道・東北)に接近し、大荒れとなる可能性がある。
 四国の12日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、太平洋側が200ミリ、瀬戸内側が70ミリ。土砂災害や低地の浸水、突風に注意が必要という。 



北海道と東北、暴風に警戒を=14日から広域で低温注意-気象庁
4月12日23時54分配信 時事通信

 気象庁は12日、北海道と東北の主に日本海側で13日から14日にかけて暴風や高波に警戒が必要と発表した。低気圧が急発達しながら日本海を北東へ進み、14日にはオホーツク海に達するとみられるため。
 同庁はまた、北海道から中国、四国にかけての広い範囲で、14日ごろから17日ごろにかけて、気温が平年より5度前後低い状態が続く見通しと発表した。最低気温が零下となり、霜が降りる所もある見込み。農作物に被害が生じる恐れがあり、十分注意する必要があるという。 



 寒気の流入が激しいです。


いま、極振動の影響で、ヨーロッパや極東アジア、北米東海岸では寒気の流入が激しいようで、北米西海岸では寒気が降りず、暖気が流入しているようです。


本来、西海岸は海流の影響もあり、冬は当然ながら寒く雪が降るはずですが、今冬は違うようで、暖冬のバンクーバーオリンピックの記憶を思い出すのは私だけではないと思います。


CYVR 112300Z 30011KT 30SM FEW110 SCT220 12/01 A2983 RMK AC1CI1 SLP101
CYVR 112200Z 31015KT 30SM FEW110 BKN210 12/01 A2987 RMK AC1CI0 SLP115


バンクーバーの気温は12度。いい天気。

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
23:17  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/452-ee1ed8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |