気象予報士の航空気象 人は神を超えるのか

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.03 (Mon)

人は神を超えるのか

 人工降雨を知っていますか?


言葉通り、人工的に雨を降らせることです。


雨を降らせる理由は2つ。


①雨が降ってほしいから。


②晴れてほしいから。


 今、このGWは五月晴れです。


そう、上海万博開幕のあたりからいい天気です。


 こんなこと書く理由に明確な根拠はありませんが、北京五輪の数年前より、8月8日に予定されていた開会式を晴れさせるため、人工降雨で雨雲を消散させる計画がありました。


実際に、開会式当日にヨウ化銀を含んだ小型ロケットおよそ1000発が発射されたそうです。


 そして、オリンピックも万博も快晴。


神の領域であった気象は、すこしずつ人によって侵されつつあるということです。


さて、この青い空は、神が用意したのか、はたまた。。。


 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。



スポンサーサイト
20:12  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/475-f25e4d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。