気象予報士の航空気象 ちょっとこい!ちょっとこい!!

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.31 (Mon)

ちょっとこい!ちょっとこい!!

RJTT 310500Z 11005KT 9999 FEW030 SCT/// 20/10 Q1012 RMK 1CU030 A2990


よい天気です。


近所の公園から大きな鳥の鳴き声が。。。


「ちょっと来い!ちょっと来い!」


変な泣き声だなぁと調べてみると、コジュケイというキジ科の鳥だということがわかりました。


目の前に鳥が横切り、急いでカメラを取りに帰り取ってみると、残念ながら鳩でした。


詐欺に合ったような気分。




ウィキペディアより

コジュケイ


コジュケイ



形態

小型のキジ類で体長は25cmほど。キジやヤマドリと違って尾が短く、ウズラに似ているが、ウズラよりは一回り大きい。オスメスは同色で褐色系の色彩だが、頬から喉にかけて鮮やかな赤褐色の部分が目立つ。腹部は他よりも明るめの黄色い地に黒褐色の斑紋がある。


分布

原産地は中国南部と台湾だが、20世紀はじめに狩猟の対象にするために日本に持ち込まれた外来種である。日本で初めて放鳥されたのは、1919年頃東京都と神奈川県とされている。それ以来野生個体は各地で繁殖し、いまや普通種となっている。温暖地方の鳥で寒さに弱く、分布は宮城県など東北地方南部が北限で、積雪の多い日本海側には分布しない。


亜種

コジュケイは中国大陸に分布する亜種B. t. thoracicus Temminck と台湾に分布する亜種B. t. sonorivox Gould に分けられる。台湾亜種はタイワンコジュケイ(別名でテッケイともいう。学名はB. sonorivox)とされることもある。

日本各地に生息するのは亜種B. t. thoracicusだが、亜種B. t. sonorivoxも兵庫県神戸市付近で野生化している。


生態

分布する地方では留鳥で一年中見られる。雑木林の豊富に残る田園地帯や里山などに多い。雑食性だが、植物の葉や実などの植物食が中心といわれる。その他、昆虫類やミミズなど。用心深い性格で、林の下生えや藪の中に潜み、あまり姿を見せないが、早朝~午前中にかけて、えさを探しに開けたところに複数の個体で出てくるのを目撃することが多い。

山地や平地の樹林はもちろんのこと、都会などの隔離された小さな林にもしばしば生息する。例えば少なくとも1973~76年には東京大学の三四郎池の周辺に生息していた。

繁殖期は5~6月で、このときのオスの鳴き声が特徴的である。ヒヨドリにも似た大きな叫び声を「ピーッ!ピーッ!ピピーッ!」と挙げたあと、速いテンポの「ピッピュクァイ!ピッピュクァイ!」という鳴き声に移行し、その後テンポが遅くなって鳴きやむ。「ピッピュクァイ!ピッピュクァイ!」の部分が「ちょっと来い!ちょっと来い!」、あるいは「ゴジュケイ!ゴジュケイ!」と聞きなされているので、「姿を知らなくても鳴き声は知っている」という人が多い。

繁殖期にはつがいで生活し、地面を浅く掘り枯れ草を敷いた巣を作る。産卵期は5-6月で7-8卵を産む。孵化した雛は短期間で巣から離れ、親とともに行動する。夏季には、よく雛を連れたつがいを見かける。また、1年に2回繁殖する。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
20:21  |  ワタクシゴト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/501-2a779225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。