気象予報士の航空気象 少ない台風発生数。

*All archives   *Admin

2010.06.10 (Thu)

少ない台風発生数。

今年の台風はまだ1個しか発生していません。


気象庁のデータベース


5月までに台風が1個しか発生してない年は過去10年で、2006年、2001年。


6月までも発生しなかった年は、過去60年で2回、1998年、1973年。


1998年の天候はどうだったのでしょうか?


ウィキペディアより

エルニーニョ現象の影響で世界的な異常気象。日本でも年間平均気温は顕著な高温となり、西日本、南西諸島で戦後最も気温の高い年となった。世界の平均気温も史上1位の高温となった。
台風の年間発生数16個となり史上最少。

冬(1997年12月~1998年2月)は北日本で平年並みの寒さであったが、東日本以西は記録的な暖冬となり、南岸低気圧による大雪が東日本太平洋側を中心に相次いだ。
春(3~5)月は歴代1位の暖春。4月の下旬に北海道の一部で真夏日を観測するなど型破りな高温となった。
夏(6~8月)は西日本以南・北陸地方で高温となった他、太平洋高気圧が安定しなかったため北日本・北海道は冷夏傾向となり、東日本も気温は平年並~高めながらも天候不順が続き、豪雨災害も多発した。
秋(9~11月)は全国的に顕著な高温となり、台風の接近・上陸が多かった。

1月8日 -南岸低気圧の通過で関東地方で記録的な大雪。首都圏を中心に交通機関が乱れる。その7日後の1月15日にも再び関東地方を中心に大雪が降る(両日とも東海地方以西の太平洋側はほとんど雨となった)。
8月下旬 - 台風4号の影響で東日本を中心に大雨。
9月16日 - 台風5号が東海地方に上陸。
9月21日 - 台風7号が和歌山県に上陸。近畿地方を中心に被害が出る。
9月24日~25日 - 秋雨前線の活発化により、四国地方南部で長時間の大雨。高知市などで大規模な浸水被害が発生。
10月17日 - 台風10号が鹿児島県に上陸。
11月17日~18日 - しし座流星群が33年ぶりにピーク。世界各地で流星が観測された。


今年と似ているところもあれば、そうでないところもあります。


さてさて。 


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
23:50  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/508-27d08a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |