気象予報士の航空気象 芒種

*All archives   *Admin

2010.06.06 (Sun)

芒種

芒種(ぼうしゅ)

 二十四節気のひとつで、この日から夏至までの期間にあたります。

太陽黄経が75度。


 暦便覧には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記され、実際には、現在の種まきはこれよりも早いようですね。


 芒(のぎ : イネ科植物の果実を包む穎(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまく頃で、五月節です。


 だいたいこの時期に西日本では梅雨入りのころとなります。


紫陽花


芒種の七十二候は以下のとおり。


初候

螳螂生        (とうろう しょうず)
             螳螂が生まれ出る(日本・中国)



次候

腐草為蛍       (ふそう ほたると なる)
             腐った草が蒸れ蛍になる(日本)

鵙始鳴        (もず はじめて なく)
             鵙が鳴き始める(中国)     


末候

梅子黄        (うめのみ き なり)
             梅の実が黄ばんで熟す(日本)

反舌無声       (はんぜつ こえ なし)
             鶯が鳴かなくなる(中国)


 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
23:53  |  二十四節気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/512-861c47c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |