気象予報士の航空気象 夏至

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

夏至

夏至(げし)です。


 二十四節気のひとつで、例年6月21日ごろです。


また、この日から小暑までの期間のことも「夏至」と言います。



太陽黄経が90度。


 北半球では昼の一番長く、夜が短い日です。ですが、例年、梅雨の真っ只中です。

暦便覧には、「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記され、旧暦は五月中になります。






 夏至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で白夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で極夜となります。

白夜の読みは「はくや」と読んでいましたが、1970年(昭和45年)に加藤登紀子さんがリリースした「知床旅情」
(作詞・作曲 森繁久彌)のヒットが「びゃくや」の読みを広めるきっかけになったらしいです。



夏至の期間の七十二候は以下の通り。

初候

乃東枯          (ないとう かるる)
              夏枯草が枯れる (日本)

鹿角解          (しかの つの おつ)
              鹿が角を落とす  (中国)


次候

菖蒲華          (しょうぶ はなさく)
              あやめの花が咲く (日本)

蜩始鳴          (せみ はじめて なく)
              蝉が鳴き始める(中国)


末候

半夏生          (はんげ しょうず)
              烏柄杓が生える(日本・中国)


 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。




スポンサーサイト
23:01  |  二十四節気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/523-3512a41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。