気象予報士の航空気象 関東 大雪 SNRAとRASNとは?

*All archives   *Admin

2011.02.15 (Tue)

関東 大雪 SNRAとRASNとは?

雪と鉄道



昨晩から降った雪は、交通機関へかなりの影響を出しました。


東北新幹線や中央線などが止まり、高速道路は通行止め。


雪対策をしていない放置された車も見ました。


羽田空港では、欠航や大幅な遅延は発生しなかったようです。


METARを追いかけてみましょう

RJTT 140930Z 01013KT 9000 -RA BKN010 04/01 Q1018
   TEMPO FM1100 4000 -RA FEW006 BKN009
   RMK 7ST010 A3008 P/RR
午後6時30分、雨が降り続けています。気温は4度。


RJTT 141000Z 36014KT 8000 RASN FEW008 BKN009 03/01 Q1018
   TEMPO FM1100 4000 -RASN RMK 1ST008 7ST009 A3007
午後7時、みぞれに変わります。みぞれって、べちょっとしたイメージが湧くのに、漢字では「霙」、尖がってる印象を持ちます。


RJTT 141117Z 36011KT 4500 -SNRA BR FEW005 BKN007 BKN012 03/01
   Q1017 RMK 1ST005 6ST007 7SC012 A3004
午後8時17分、特別観測にて、「RASN」が「SNRA」に変わります。みぞれに変わりはありません。雪が多いか雨が多いかだけです。


RJTT 141200Z 34010KT 1500 R34L/P1800N R22/P1800N R34R/P1800N
   R23/P1800N -SN BR FEW003 BKN005 01/M01 Q1016 TEMPO FM1300
   34020G32KT RMK 2ST003 7ST005 A3003
午後9時、ついに雪に変わりました。視程がぐんと落ちます。


RJTT 141700Z 33014KT 6000 -SNRA FEW006 BKN009 BKN015 02/00
   Q1012 TEMPO 35020G30KT 3000 -SHSN
午前2時、降り続けた雪は、「SNRA」の雪の多いみぞれに変わりました。


RJTT 141800Z 32012KT 4500 -RASN BR FEW005 BKN008 BKN012
   01/M00 Q1012 TEMPO 35020G30KT RMK 1ST005 5ST008 6SC012
   A2991
午前3時、雨のほうが多い「RASN」に変わりました。


RJTT 141923Z 34015KT 9999 -RA SCT010 BKN025 BKN040 03/01 Q1013
   RMK 3ST010 5SC025 7SC040 A2993
午前4時23分、特別観測にて、雨にかわりました。夜中ですが、気温は3度に上昇。


夜中に雪から雨に変わったため、朝起きたときには、関東南部の雪はべちょっとしたものになってしまいました。


 さて、わかりにくい「RASN」と「SNRA」の違いですが、結局は雨が多いか、雪が多いかだけです。「RASN」雨多め、「SNRA」雪多め。

詳しく述べると、以下になります。

みぞれが観測され、

1.地上気温が氷点より高い場合。
雨の割合が多い場合、「RASN」
雪の割合が多い場合、「SNRA」

2.地上気温が氷点以下の場合、
雪ではない、みぞれや雨はすべて「FZRA」着氷性の雨、日本語では適切な言葉はありません。

雨氷や凍雨ではありません。うぃきを参照してください。


雨氷 ←くりっく

凍雨 ←くりっく
 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。










スポンサーサイト
21:02  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/554-f4d56c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |