気象予報士の航空気象 環水平アーク  彩雲ではなかった。

*All archives   *Admin

2011.05.13 (Fri)

環水平アーク  彩雲ではなかった。

水平環アーク1



彩雲とは、色の着いている雲という意味に取れる。


鮮やかな色が着いていれば、彩雲と判断すべきか?


気象学のなかでは、彩雲と環水平アークを区別している。


5月初旬に自宅周辺から撮った環水平アークの写真。



水平環アーク2



最初は、彩雲かと思ったが、太陽の位置、形、色合いから、環水平アークと思われる。


環水平アークは空中の水滴や氷粒による屈折。


彩雲は雲を作る水滴や氷粒による散乱・回折・干渉によるもの。


太陽の位置関係で判断するのが楽かも。

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。







スポンサーサイト
01:15  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/565-9ba56fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |