気象予報士の航空気象 うう、寒い

*All archives   *Admin

2012.11.02 (Fri)

うう、寒い

今季、一番の冷え込み。

さむい。

さむい。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。



スポンサーサイト
16:47  |  時事  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★初めまして

瑞翔さんこんにちは。
私は航空気象に関する仕事をしているものです。
グーグル検索にてこちらのサイトに辿りつきました。

瑞翔さんの研究は具体的かつ考察が詳細ですね。
サイト内に日々の仕事のヒントになりそうなものがたくさんあり、思わずブックマークしました。

航空気象というのは研究がまだまだ進んでいないためか、一般的な理屈で説明できない乱気流などが多く発生します。
また、気象学の本は多く出版されていますが、航空気象に関しては実運航の参考になるような書籍がほとんどありません。
乱気流を予測、解析するために日々頭を悩ませております。

瑞翔さんは航空気象とは全く関係ないお仕事をされているのですか?
最近はあまり更新されておられないようで、残念です。
飛行中年 |  2012年11月13日(火) 18:11 | URL 【コメント編集】

★飛行中年さん、はじめまして

 立ち上げたときは、気合を入れて解析やブログへのUPをしていたのですが、本業が忙しいのを言い訳にしています。読んでくださる方がいることはうれしいことです。頑張ってみたいと思います。

 気象の書籍の中で、航空気象に関するものはあまりないですね。私は1冊しかもっていません。羽田空港の本屋で買ったAIM-Jも重宝しています。需要がないのでしょうね。いいの、ありますか?
 アマチュア無線の延長で、航空無線を聞くこともあります。簡単な管制用語ならネットなどもありますし、AIM-Jから知識を得て、たまに楽しんでいます。飛行機にも少し興味はありました。

 航空気象に関する仕事をされているとありましたが、恥ずかしいです。私の知識が合っているのか、まったくわかりませんし、気象予報士の資格を生かせる仕事をしているわけではないので。

 ただ、もともと航空気象を選んだのは、書籍のはなしにもありましたが、参考書があまりないことと地上解析より難しく、また気象を学んだものとして、立体としての3次元と時間軸を加えた理解と知識を深めたかったからで、いまもこの気持ちは変わっていません。

 最近はほぼ更新をしていませんが、お暇な時にまた見に来てください。
瑞翔 |  2012年11月30日(金) 12:14 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/615-f28c736c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめ【うう、寒い】

今季、一番の冷え込み。さむい。さむい。ブログランキングに参加しています。にほんブログ村応援クリック
2012/11/21(水) 17:31:43 | まっとめBLOG速報

▲PageTop

 | BLOGTOP |