気象予報士の航空気象 冬の嵐

*All archives   *Admin

2012.12.06 (Thu)

冬の嵐

日本海を低気圧が急激に発達しながら東進していきました。




朝5時。温暖前線による雨。
RJTT 052012Z 21014KT 9999 -RA FEW008 SCT050 BKN/// 10/07 Q1008 RMK 1ST008 3SC050 A2977

朝6時半、雨がやみ、南風。気温と露点温度差はわずか3度。
RJTT 052137Z 20015G25KT 9999 FEW015 BKN/// 12/09 Q1006 RMK 1CU015 A2972

昼過ぎ、南風が強まる。乾いた暖かい風が吹き荒れる。
RJTT 060330Z 24023G33KT 9999 FEW020 17/M03 Q1004 NOSIG RMK 1CU020 A2965

午後2時、南風により、気温がぐんぐん上がる。
RJTT 060500Z 25013KT 9999 FEW020 18/M04 Q1004 NOSIG RMK 1CU020 A2967

午後3時半、風向きが西に変わり、前線の通過していく。そのため、低い高度でタービュランス発生。
RJTT 060630Z 28008KT 210V310 9999 FEW020 16/M03 Q1006 TEMPO 34018G28KT RMK 1CU020 A2973 MOD TURB OBS AT 0616Z 6NM E HANEDA 2500FT BY B767

午後3時過ぎ、前線が通過し寒気の流入がはじまり、気圧が急上昇。
RJTT 060643Z 36010KT 9999 FEW020 15/M03 Q1007 RMK 1CU020 A2975 P/RR

午後10時、ぐんぐん気温が下がり、夜10時には8度まで落ち、露点温度がそれよりも落ち、乾いた空気であることがわかる。
RJTT 061300Z 33015KT CAVOK 08/M07 Q1014 NOSIG RMK A2996


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
23:14  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/620-55316fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |