気象予報士の航空気象 空気の湿り具合が一変した一日

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.27 (Fri)

空気の湿り具合が一変した一日

夕方から晴れてきた26日のよるは風が弱く、霧が発生しやすい条件が整っていました。

成田空港の夜中、かなり視程が落ちています。

RJAA 261600Z 17002KT 0900 R16R/0300V0400N R16L/0150V0200N FG FEW000 SCT001 07/06 Q1003 NOSIG RMK 1ST000 3ST001 A2963 5000S-SW

夜明け前もかなり厳しい状況。

RJAA 262021Z 26004KT 220V300 0600 R16R/0250V0550N R16L/0300N FG FEW000 SCT002 BKN004 06/06 Q1004 RMK 1ST000 4ST002 6ST004 A2967

日中は風も吹き始め、乾季が地上まで到達して、一気に乾いた空気になりました。

RJTT 270323Z 29013KT 9999 FEW020 15/M12 Q1006 RMK 1CU020 A2973

RJAA 270500Z 26011KT 230V300 9999 FEW030 14/M07 Q1007 NOSIG RMK 1CU030 A2976

冬場、このような乾いた空気が続くと、火災に注意しなければなりません。
スポンサーサイト
23:43  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/698-c095bb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。