気象予報士の航空気象 北東風

*All archives   *Admin

2009.02.05 (Thu)

北東風

 昨日と今日は、関東地方は終日、低い雲に覆われる天気でした.

 昨日4日の午前9時の地上天
ASAS04FEB00z.jpg
 日本の南岸を低気圧が東へすすみ、移動性高気圧が日本を覆い始めています。
関東地方は北東風が吹く気圧配置です。

 館野の同時刻のエマグラム
04FEB 00Z
 雲底は3000ftくらいで雲頂6800ftくらいと予想できます。

 午前10時の成田空港のmetar
RJAA 040100Z 05009KT 010V100 9000 SCT025 BKN045 07/01 Q1022 NOSIG RMK 3SC025 7SC045 A3018
 雲底高度は 2500ftと4500ft

 前線通過というような劇的な変化はないので、成田・羽田空港の上空も館野と大きく変わらないと考えることができ、進入中は7000ftくらいの層積雲系の雲に突っ込むことを皮切りに雲中をカタカタ揺れながら降下して3000ftくらいで雲の下に出ていたと思います。また、視程が9kmあるので、ある程度余裕を持って滑走路を視認できていたと思います。

 4日午後9時の地上天
ASAS05FEB00Z.jpg

 4日午後9時の館野のエマグラム
04FEB 12Z


 4日午後9時の成田空港のmetar
RJAA 041200Z 02004KT 9999 FEW030 BKN050 05/01 Q1020 NOSIG RMK 1CU030 6SC050 A3015


 5日午前9時の地上天
ASAS05FEB00Z.jpg

 5日午前9時の館野のエマグラム
05FEB 00Z

 5日午前9時の成田空港のmetar
RJAA 050000Z 36007KT 6000 BR BKN035 05/02 Q1018 NOSIG RMK 7SC035 A3006


 この2日間は6000ft付近にずっと逆転層が居座り続けています。
 大きな気圧変化をともなわないこのような場合は、日の出数時間後と日の入り数時間前に日射による気温変化により、2000ft付近ではその均衡が破れウインドシアーが発生しやすくなります。
 着陸前におおきく浮き上がるか沈められるような感覚を受けるかもしれません。



FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
14:26  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/7-27371e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |