気象予報士の航空気象 浅間山 警戒レベル低下

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.08 (Wed)

浅間山 警戒レベル低下

浅間山:噴火警戒レベル「2」に引き下げ 大型連休前に朗報 /群馬
4月8日15時0分配信 毎日新聞

噴火警戒レベル


 ◇「入山規制」から「火口周辺規制」
 浅間山(2568メートル)の噴火警戒レベルが7日、約2カ月ぶりに「3」(入山規制)から「2」(火口周辺規制)に引き下げられた。大型連休前の朗報に、地元の観光関係者からは、安堵(あんど)の声が上がっている。
 「これで、多くの観光客が嬬恋に来やすくなるのではないか」。嬬恋村観光協会の吉田勝事務局長はホッとした様子で話した。観光が主要な産業の村にとって、浅間山の活動は死活問題だ。今回の警戒レベル引き下げで、火口4キロ以内にある「浅間高原シャクナゲ園」も立ち入りが可能になり、花が見ごろを迎える5月中旬までにはオープンできる見通しとなった。吉田事務局長は「多くの観光客からの問い合わせが来ている。きれいなシャクナゲを見てほしい」と胸をなでおろす。
 前橋地方気象台によると、警戒レベル3は5段階の真ん中で、火口から4キロの範囲で直径50センチ以上の噴石が飛ぶ中規模噴火を起こす可能性がある状態。今回、活動の目安となる火山性地震の回数は6日に149回を観測したが、直接噴火につながる周期の短い地震はうち12回にとどまっており、同気象台は「中規模噴火を起こす可能性は低くなった」と説明する。ただ、小規模噴火は今後も注意が必要という。
 村観光商工課は「油断はできないが、レベルが下がって良かった。5月のイベントは、今から宣伝しないと間に合わないので、頑張ってPRしていきたい」と意気込んでいる。

噴火レベル導入火山



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。






スポンサーサイト
22:23  |  時事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/73-6d776d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。