気象予報士の航空気象 数値予報を解く

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.24 (Fri)

数値予報を解く

 数値予報の方程式とは、どんなものなのでしょう?

高校の物理では、放物線などさまざまな2次元方程式で解を求めていました。

 物体の支配方程式は空気の抵抗、風などを無視できれば、単純な2次元方程式となり、初期値である方程式に当てはめる数字で簡単に求めることができました。

 では数値予報はどうなのでしょう。

前回、初期値問題を話題にしましたが、大きな問題ですが、今回は深くは触れません。

 数値予報で使用する大気の支配方程式は、予報する変数または微積分同士の積を含む非線形項を含むことから、解析には適してはいません。正確には出せないということです。

 なんとなくこんな感じという予測しかできないのが欠点のひとつでもあります。


次回は数値予報モデルの構築に必要なテクニックを紹介します。

 「パラメタリゼーション」などなど、試験にも顔を出す言葉を紹介したいと考えています。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
05:34  |  数値予報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/89-ee1182df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。