気象予報士の航空気象 25日の午後9時の高層天気図解析

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.29 (Wed)

25日の午後9時の高層天気図解析

 25日の午後9時の高層天気図の一覧より

1 渦管の西傾
  地上の低気圧の中心から上層の低圧部の中心が西に傾いていることは、
  低気圧の発達の目安になります。

2 暖気移流
  850hpaにいうて顕著にみられます。低気圧前面において、等温線を横切
  る南より(暖気側から)の風が吹くことにより、暖気の移流があることが確
  認できます。

3 湿潤な気塊の流入
  暖気移流の関連付けされますが、低気圧前面において暖気移流とともに
  湿った気塊、T-Td<3 の網掛け部分があると、温暖前線の活発化、すな
  わち低気圧の発達を意味しています。


  ひとこと

 後に詳述したいのですが、前線は低気圧の子分ではなく、実はその逆、前線から生み出るのが低気圧なのであって、日本付近を通過する低気圧は、傾圧不安定、すなわち気塊の不均衡・前線が大きければ大きいほど、発達するということを忘れてはいけません。


4 寒気移流
  乾いた冷涼な気塊の特徴として700hpa(時には500hpaでも)と、
  その下層で見て取れます。等温線を横切る風がより冷涼な場所から
  吹き込めば、寒気移流となり、等温線の幅を狭くし、その南端では
  急激な風変を起こします。
  寒冷前線の特徴と合致します。



 以上の4点が見て取れます。

気象の勉強の基礎にあたる、よい資料として取りおき、題材にしてみました。


 そして、25日午後9時ごろの羽田空港の天候は以下のとおりの大荒れです。

 視程は2800mまで悪化、19時台では羽田空港の南方、高度6000から10000ft付近でモデレート・タービュランスが頻発していたようです。

 このモデレート・タービュランスは低気圧の中心付近の発達した対流性の雨雲による揺れであると推測します。

 天気図からも当時のレーダーからも予想できますし、この高度が典型的です。

 航空機は、機上レーダーに映っているエコーの中を、早めにベルとサインを点灯させてつっこんでいったことでしょう。


1945分
1045Z 35014KT 4500 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 14/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 7ST008 A2945
MOD TURB 5000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1032 AND BTN 6000 AND 10000FT 3NM E BAYGE BY B777 AT 1034 AND BTN 6000 AND 10000FT 5NM SE HANEDA BY MD90 AT 1041

2000分
1100Z 35014KT 4000 -SHRA BR FEW002 BKN006 BKN008 13/12 Q0997 RMK 1ST002 5ST006 6ST008 A2944 MOD TURB 4000FT 5NM E KOITO BY B747 AT 1051

2030分
1130Z 34014KT 4500 -SHRA BR FEW003 BKN006 BKN008 13/12 Q0996 RMK 1ST003 5ST006 6ST008 A2943

2047分
1147Z 32012KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2942

2100分
1200Z 32012KT 2800 SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941

2117分
1217Z 33011KT 3000 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0996 RMK 1ST003 3ST005 5ST006 A2941

2130分
1230Z 32011KT 3500 -SHRA BR FEW003 SCT005 BKN006 13/12 Q0995 RMK 1ST003 3ST005 6ST006 A2940


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村
応援クリックをおねがします。


以下、アフィリエイトサイトです。





スポンサーサイト
00:16  |  気象・天気  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://weathereucalyptus.blog115.fc2.com/tb.php/95-7a00fb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。